1. 教育

本学が、法然上人の教えを出発点とし、浄土宗の大学として歩みながら、この間培ってきた教育や研究の実績に基づき、生涯にわたって学び続ける力や、主体的に考える力を培って、学生が真に成長をとげるように教育を行います。本学における学びを通じて、これからの厳しい社会状況の中でも他者とともに生きていける優れた人間性と、人の一生に関わる諸問題や現代社会の抱える諸課題の解決に向けて果敢に挑戦することのできる意思や能力を育むために、以下の点に取り組むことを基本方針とします。

1

本学のこれまでの歴史と伝統を踏まえながら、困難な社会状況にあっても、その力を十分に発揮することのできる優れた浄土宗教師の養成につとめます。

2

現在の3つのポリシーを改定し、本学の学びを通じて身につけることのできる具体的な力をさらに明確化し、佛教大学の学士力(卒業時に備える力)の内容と特色、ならびに免許や資格の取得との関係をあらためて明示します。そのもとで、本学が求める学士力を培うことを保証する、新しい体系的なカリキュラムを提供します。

3

学生の成長と学びの成果を保証するために、教員・職員集団がそれぞれの能力を多面的に発揮できる体制を整備し、教育方法や教育内容に関して、ソフトとハードの両面にわたり改善・拡充をはかります。

4

高等学校における学習と本学における学びのスタートが円滑に接続されるよう、高等学校との連携を強化するとともに、入学前教育の拡充をはかります。あわせて、全学的な教養教育基盤の再構築・再整備を実施する中で、初年次教育の充実をはかります。

5

社会人として備えるべき多様な力を育成するために、社会との連携を視野に入れながら、全学および学部学科の両面からキャリア教育を展開します。

6

学生の主体的な学習を促し、問題や課題の発見ならびに解決に向けた対応能力を育成するために、フィールドワークを中心とした現場学習・体験学習・インターンシップなど、能動的な学習機会の充実をはかります。

7

社会的なニーズに対応し、研究者養成・高度職業人養成・生涯学習の機能を果たすために、通信教育課程大学院との融合をはかりながら、特色ある新しい大学院組織を構築します。

  • ぶったんWEB
  • 図書館
  • オープンラーニングセンター
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中