公共政策学科

公共政策学科の教育研究上の目的

公共政策学科では、使命と目的に基づいて、以下のように具体的な教育研究上の目的を設定しています。

人材養成の目的

  1. 社会、特に地域社会の課題を幅広い見地から洞察し、多文化共生社会の形成に資する人材を養成する
  2. 地域社会において自ら問題を発見し、その解決に取り組む積極的な意志を備えた実行力ある人材を養成する
  3. 社会の一員として求められる総合的な教養を身につけた人材を養成する
  4. 社会、特に地域社会の諸課題に積極的に取り組むための公共政策にかかる諸科学の専門性を備えた人材を養成する

その他の教育研究上の目的

1)教育

  1. 社会、特に地域社会の課題に取り組むために必要な学力の形成に資する教育環境を整備し、学生支援を充実させる
  2. 学生自身が幅広い知識を基礎に、総合的かつグローバルな視点から現代社会の問題を発見し問題解決に取り組めるように、実習や地域社会の人々との交流の機会を提供する
  3. 企業人や公務員として社会に貢献できる分野をはじめとして多様な進路希望に対応したキャリア形成支援を積極的に進める

2)研究

  1. 政治学、経済学および関連する諸科学の各専門領域における最新の研究を遂行する
  2. それぞれの専門領域における研究の成果を積極的に教育に還元する

3)社会貢献

  1. 体験活動やボランティアなどを通じて地域社会への貢献を行う
  2. 研究成果を積極的に社会に還元する
  3. 多様な学習機会を社会に提供する

公共政策学科の教育方針(三つのポリシー)

公共政策学科では、教育研究上の目的を達成するために、ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)を以下の通り定めます。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

  1. 社会、特に地域社会の課題に取り組むために必要な、政治学、経済学および関連する諸科学に関する基本的な学力を備えている
  2. 地域社会の担い手としての自覚をもち、地域の課題に積極的に取り組む意志と実行力を備えている
  3. 自己を見つめる力、自分の考えを伝え他者の考えを理解する力、他者を尊重しともに行動する力を有している

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 社会人として必要な教養や技能を身につけるために、全学共通科目群と全学教養科目群を提供する
  2. 人材養成の目的に応じて、地域政治コースと地域経済コースを設定する
  3. 公共政策に関する基礎知識を修得させる科目を提供する
  4. 地域社会の課題発見や政策形成に関する専門的な学修に資するために、政治学、経済学および関連する諸科学に関わる科目を提供する
  5. コミュニティ・キャンパスをはじめとするさまざまな地域社会と連携して取り組む課題解決型科目を提供する
  6. 主体的、能動的な学習機会を確保するために、すべての学年に少人数、双方向の演習科目を提供する
  7. 希望する学生に学科の専門領域に関連する資格に対応したカリキュラムを提供する

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

公共政策学科が求める学生像

  1. 学習や体験を通じて社会に対する問題意識を培い、地域社会の課題に取り組む意欲をもっている人
  2. 他者の考えを理解し、他者を尊重しともに行動しようという意欲のある人
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館
  • 宗教文化ミュージアム
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館