社会福祉学科

ソーシャルワークで
地域と人を元気にする

援助を求める人の苦しみに共感し、専門的な知識と技術を駆使して豊かな生活支援を提供する社会福祉専門職をめざします。
社会福祉士や精神保健福祉士、保育士などの資格取得を視野に入れながら実習はもちろん、フィールドワークやインターンシップ、海外研修などにも積極的にチャレンジ。
福祉現場で必要とされる実践力を身につけます。

学びのポイント

ゼミ(少人数教育)の体系性と学部のキャリア教育を重視

1年生から4年生まで、読解力や表現力、コミュニケーション、学ぶ方法の取得を重視し、テーマ研究が深められる体系的なゼミ(少人数教育)をおくことで学生の力を伸ばします。また、学生の進路選択・生き方を支援するキャリア支援科目を3年生に配置し、学んできたこととこれからの進路・生き方が結びつくよう個別の指導も重視したカリキュラムです。

社会の分析、人の理解と専門的援助、共に生きる社会づくり―充実したスタッフによる社会福祉専門教育の展開

社会問題を通して社会を深くつかみ、個人の尊重と多様性を前提にした援助の理論と方法を学び、これからの平和で安定した共生社会を追及できる社会福祉専門教育を展開。基礎理論、歴史、実践方法、各分野、政策・制度、保健医療、実習教育をカバーする充実したスタッフを要する学部だからできるカリキュラムです。

福祉職・保育職さらに教員、公務員などさまざまな進路で生かせる社会福祉学を学ぶ

福祉専門職、保育専門職はもちろん、教員、公務員、医療事務やビジネスの世界をめざす人にとってもこれから大切になる社会福祉学を、基礎から応用、実践力まで体系的に学べるカリキュラムです。

現場と結びついた充実した実習教育プログラム

伝統校として数多くの福祉専門職、保育専門職を輩出し、また行政や福祉・保育の現場との結びつきが強い学部として、卒業生のネットワークや専門職ネットワークを活かし、事前指導―配属実習―事後指導を少人数クラスによる系統的で現場指導者と連携した充実指導を行います。

教育の方針

地域福祉フィールドワーク事業「紫野へいこう!」

地域福祉フィールドワーク「紫野へいこう!」は、社会福祉学部の学生を中心とした学生団体「むらさきっず」が、京都市北区紫野学区において、一人暮らし高齢者の居場所づくり、生きがいづくり、つながりづくりなどの支援を行っています。

高齢者の力や可能性を感じながら、一人暮らし高齢者の方がより活き活きと、地域で自分らしく暮らすためにはどうすれば良いのかを考えながら取り組んでいます。

地域福祉フィールドワーク「小野郷へいこう!」

地域福祉フィールドワーク「小野郷へいこう!」は、小野郷小・中学校の休校に伴い、小野郷地域、社会福祉協議会、社会福祉施設、大学等が小野郷地域のまちづくりについて話し合いをすすめ、2008年度から活動を展開しています。

社会福祉学部の学生は、地域で暮らす高齢者の方を支援するため、気軽に集える場としての「井戸端サロン」や、一人暮らし高齢者の方への「配食活動」、また地区運動会や岩戸落葉神社ライトアップ等の地域行事にも参加しています。学生はそこで暮らす住民の生活を理解するととす。

地域福祉フィールドワーク「夏休み子ども支援ボランティア」

地域福祉フィールドワーク「夏休み子ども支援ボランティア」は、2012年度よりスタートした児童養護施設との協働事業です。夏休みに社会福祉学部の学生が2つのグループに分かれ、各5日間合計10日間学習支援のボランティアに出かけます。
学生たちは、「初めてのボランティアを体験してみたい」、「実習前に児童養護施設に足を運んでみたい」、「将来児童養護施設で働く際に参考にしたい」等さまざまな思いで参加を志します。複数年続けて参加した学生もおり、子どもの成長に感動するだけでなく、自身の成長にも気づかされる機会になっているようです。
子どもの貧困や虐待という福祉的な課題のある社会的養護というフィールドにおいて、子どもたちに学びながら多様な気づきと学びを得るフィールドワークです。

世界の絵本展

社会福祉学部の縁(えにし)企画の一つとして、JBBY(社団法人 日本国際児童図書評議会)の「世界のバリアフリー絵本展」を開催しました。絵本の楽しみが、すべての子どもたちに届くように、という思いの詰まった絵本展です。
1年生の実行委員を中心に、上級生もサポートしながら、学生主体で運営しました。自分たちの足で地域を回って宣伝活動を行ない、会場の飾り付けも工夫を凝らしたものになりました。
期間中は、オリジナル絵本作り・手作りおもちゃコーナー・読み語りタイムも併設しました。学生、教職員だけでなく、地域の親子の方なども訪れて、実際に絵本を手に取ったり、家族にプレゼントする絵本を作ったりと、ゆったりした時間を過ごしていただきました。
学生にとって、協力し合って一つの企画を形にできたことと、絵本を通じて人とつながる経験から得た学びは大きく、継続性のある活動に発展させてゆきたいという声があがっています。

佛教大学保育士職域同窓会

社会福祉学部(通学課程)では、2010(平成22)年7月7日に、「佛教大学保育士職域同窓会」を設立いたしました。社会福祉学部の保育士課程では、もともと、卒業生と在学生の交流を図ることを目的として、毎年7月に、「保育実践研究会」(通称「七夕の会」)を開催しており、その会を組織化した形で、同窓会の設立となりました。
毎年、七夕(7月7日)以降の日曜日の午後に、佛教大学にて研究会を開催しております。卒業生の実践報告と全体討議、そして、在学生を含めた会員相互の交流・親睦の場として、これからも継続して行って参ります。ご案内は、佛教大学ホームページにて行います。
懐かしい思い出とともに、皆様が、母校に足をお運びくださいますのを心待ちにしております。

保育士養成課程新入生歓迎行事(保育新歓)

社会福祉学部では、1年生の9月より保育士養成課程での学習が始まります。毎年、履修ガイダンスと併せて、新入生歓迎行事(通称、保育新歓)を実施しています。保育新歓では、近隣の保育園の子どもたちを招待しています。4月から、4年生を中心に子どもたちが楽しめるイベントの内容を考えていきます。イベント当日は、2年生・3年生そして教員も一緒に運営を担います。
1年生は、久しぶりに出会う子どもたちの天真爛漫さに驚くとともに、子どもに接する先輩たちの姿にあこがれと尊敬の気持ちを抱き、保育の学びをスタートさせます。保育を学ぶ学生たちの縦と横のつながり、教員との出会いが生まれる行事です。

社会福祉学部関連行事一覧

6月 新入生歓迎行事
7月 平和でつながる"縁"原爆展
7月 社会福祉実習連絡研修会(社会福祉士・精神保健福祉士・保育士)
8月 地域福祉フィールドワーク 子ども支援
9月 保育士養成課程新入生歓迎行事
11月 ホームカミングデー
12月 絵本展

取得可能な教員免許状・資格

教員免許状

  • 社会/中学校1種
  • 地理歴史/高校1種
  • 公民/高校1種
  • 福祉/高校1種
  • 特別支援学校1種

資格

  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 学校司書
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 保育士※1
  • 社会福祉士(国家試験受験資格)
  • 精神保健福祉士(国家試験受験資格)※2
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 児童福祉司(任用資格)※3
  • 浄土宗教師
  • 浄土宗開教使
  • 浄土宗社会教化主事
  • レクリエーション・インストラクター
  • 初級地域公共政策士
  • グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)
  • ※1保育士資格課程希望者に対し、学内規定に基づき、第1学年第1セメスター終了時に選考を行います(社会福祉学科の保育士資格課程定員は120名)。
  • ※2精神保健福祉士資格課程希望者に対し、学内規定に基づき、学内選考試験を行います。
  • ※3児童福祉司(任用資格)取得にあたっては、厚生労働省が定める施設などで、1年以上助言・指導その他の援助を行う業務に従事する必要があります。
  • 「保育士」と「社会福祉士国家試験受験資格」、「社会福祉士国家試験受験資格」と「教員免許状」など、資格・教員免許状を2種類同時に取得することは困難な場合があります。必要な科目の履修に遅れが出た場合、4年間で取得ができない可能性があります。なお、2013年度入学者より「保育士」と「精神保健福祉士国家試験受験資格」の2種類の資格を同時に取得することはできません。
  • 年間の履修登録単位数に上限があるため、取得できる教員免許状・資格の数には制限があります。
  • 教員免許状・資格の取得にあたっては、所定科目の履修が必要です。
  • 併設されている通信教育課程を併修することにより、小学校1種や幼稚園1種などの他学科指定の教員免許状も取得可能です。
  • 現場で社会福祉士として実務経験を積めば、介護支援専門員(ケアマネージャー)の受験資格を得ることもできます。
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館
  • 宗教文化ミュージアム
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館