Ⅲ. 大学宣言「新百年の誓い」

  1. ホーム
  2. 大学案内
  3. 教学理念・ビジョン
  4. 佛大Vision2022
  5. Ⅲ. 大学宣言「新百年の誓い」

Ⅲ. 大学宣言「新百年の誓い」 ―次の100年に向けて誓うこと―

新百年の誓い

佛教大学は、2012年、前身の佛教専門学校から数えて開学百周年を迎える。その間、千年の都である京都の地で、仏教精神に根ざした教育・研究の実践に邁進してきた。

佛教大学は、仏教学部仏教学科の単科で出発し、物質文明が強烈なきらめきを発するなかでも建学の志を貫き、人間教育に徹してきた。

佛教大学は、学術研究の成果を地域に還元することに早くから努め、市内に生涯学習の拠点を開設するなど、積極的に地域社会との交流を推進してきた。

佛教大学は、校友をはじめとする有縁の方がたの理解と協力を得て、仏教・文・歴史・教育・社会・社会福祉・保健医療技術の七学部を有する総合大学に成長し、新しい百年を迎えることとなった。また、大学教育の機会均等を実現するため開設した通信教育課程は、60年を経て全国有数の規模に育った。

佛教大学は、百年かけて培ってきた誇るべきこの個性を受け継ぎ、次の百年に向けてより豊かに熟成させ、人間を見つめる開かれた大学として人類の福祉に寄与することを誓う。

教育の目的

仏教精神に根ざした人間教育により、寛容にして温和な気風を育み、学生一人ひとりの人間力を伸ばす。

教育の指針

  1. 教育・研究のあらゆる場面を通じ、自己を究め、共に生き、他を支える人間性を育てる。
  2. 人の一生に関わる諸問題と真摯に向き合い、自ら課題解明に取り組む専門性と対応力を育てる。
  3. 実社会との連携を重視し、現実に直面してゆるがない実践力を育てる。
  4. 国際社会との交流を深め、共生の願いを世界に発信できる人材を育てる。
  5. 学びたい人びとに門戸を閉ざさず、すべてを受け入れるため最善を尽くす。
  • 2007年10月23日に発表された「新百年の誓い」のうち、2012年現在の状況が異なる学部数と名称のみ変更
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館
  • 宗教文化ミュージアム
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館