現代社会学科

現代社会のさまざまな問題を
多角的に分析する力を養う。

毎日のニュースで流れるさまざまな社会問題や、家族、学校、職場、地域にあふれる身近な社会現象などを多角的に観察・分析できる幅広い視野と能力を育成。
少人数制のクラスで、多彩な科目をバランスよく学ぶことにより、共生社会に貢献する力、情報社会において必要とされる情報リテラシーやコミュニケーション能力を養います。

学びのポイント

理論や学説に加えて調査手法も学びます

理論や学説を学ぶことで、社会を俯瞰的にみるための想像力を養います。また、研究対象となる地域や社会に赴き、その場所の調査や人々との対話から、さまざまな情報を得ます。

アクティブラーニングで自発的に動き学びを深める

学生が主体的に学ぶアクティブラーニングを重視しています。授業では教員の指導のもと、学生同士で発表・討論を行い、課題の理解を深めますが、決められたマニュアルに従って学ぶのではなく、一人ひとりの学習スタイルで自発的に考え学ぶことで、社会で必要とされる情報収集力や課題解決力、プレゼンテーション力などを養うことができます。

幅広い研究領域と学びのテーマ

3領域にわたるコース科目は、社会学の研究領域をほぼ網羅しているので、扱う対象は多種多様。1つのテーマを多面的に見つめ、問題点を浮き彫りにします。主なコース1つの学びに加え、他コースの履修も可能です 。

教育の方針

ゼミ紹介

3年生になると現代社会学科では、さまざまな研究をしている教員の指導のもとに、ユニークなテーマで調査や研究を行う授業(ゼミ)を履修します。
現代社会学科のゼミは、理論派から実践重視までアプローチも様々なら、テーマも盛り沢山。以下では、そんなゼミのなかから、3つのゼミの様子を紹介します。

文化・国際コース

【山本ゼミ】団地の生活をフィールドワークする

団地内の集会所にて自己紹介

ゼミ合宿で報告会を行っています

人々の生活は様々で、大都市に生まれた人、郊外で育った人、裕福な家庭、また色々な事情で困難に直面している人々の生活に接近することは、社会学の大切な課題です。こうした「人々が生きている場」の研究は、文化史や生活史、また経済的な構造の分析とセットです。
本ゼミでは、京都市住宅管理課や、京都府防災消防企画課など地方自治体と連携して、伏見区にある古くからの団地における住民自治や防災を全体テーマとして考えています。少子高齢化が進む団地において、高齢者、障害者、外国籍の人々らと大学生が、どのようにしてより良く協働できるのかを課題としています。
卒業研究のための個別テーマとしては何らかの「社会問題」をそれぞれの問題関心によって選択し、自由に個人研究として検討していきます。ゼミでの報告会、合宿での討論などを通して、学術的な枠組みと実際のデータや現場を行き来しながら、卒業研究を行っていきます。

過去の卒業研究のタイトル
  • 現代日本におけるヘイトスピーチ問題
  • アメリカ都市社会における非行と文化
  • 「ブラック企業」言説研究
  • 京都市街地における消防団のフィールドワーク
  • 日系アメリカ人の自画像:「成功者」のライフヒストリーから

共生・臨床社会コース

【香西ゼミ】気にするわりにはあまり知らない、この身体から考える

2019年の3年生が選んだテーマは、「性感染症の蔓延」
15名全員で、じっさいにHIV・性感染症の
検査場にも行きました。

アンケート調査の集計報告会の光景。
データに、意味と笑いを盛り込みます。

身体は本当にマイペース。お腹は空くわ、寝ぐせはつくわ、勝手に太るわ、病気になるわ。私たちは日々、この身体につきあい、悪戦苦闘しています。しかし、身体を気にしているのは、どうやら私たちだけではないようです。「髪、切った?」から「1日30品目、10,000歩」まで、身体はさまざまな言葉に取り巻かれています。
香西ゼミでは、身体をそうした言葉の交錯する場として捉えかえし、身体を通して今、何が語られ何が表明されているのかを考えています。
3年生のあいだは、グループで、身体をめぐる不可解な現象を発見し、そこにみられる事象の繋がりを調査・分析・報告するトレーニングを重ねます。ディスカッションやプレゼンテーションを繰り返し、スキルの習得をはかります。ゆっくりと螺旋状にレベルアップしていきますが、気を抜くとすかさず、教員からフィードバックが飛んできます。
4年生になると、いよいよ各自で、卒業レポートのテーマに取り組みます。学術的なスキルは合格点に達していても、「問い」を見つけるのが一苦労。一年間ともに学び打ち解けたゼミのメンバーからアドバイスをもらいつつ、じっくりと「問い」に向きあいます。

卒業研究テーマ例
  • 地域間の健康格差――京都市を事例として
  • 医療化される「人見知り」
  • 「脳」のジェンダー――「男性脳/女性脳」論争の論点と広がり
  • 「髪」への執着からみた現代社会――染める・抜く・植える
  • 「新型うつ病」と共存する社会

情報・メディアコース

【大場ゼミ】エンターテインメント・ビジネスと社会

ヒット作品の舞台裏を調べてゼミで発表

学外研修としてテレビ局を訪問

映画、テレビ・ラジオの番組、音楽、ネット動画、アニメ、マンガなど作品として楽しむものから、コンサートやフェス、スポーツ、アイドル、お笑い、演劇などライブイベントとして楽しむものまで、エンターテインメントは私たちに様々な感情や経験を与えてくれます。大場ゼミでは、それらがどのように企画・製作され、人々に受け入れられるのかを、個々の作品やイベントが持つ魅力や特性、広め方や売り方、人々の好みやライフスタイル、社会や時代背景などを併せて複合的に考えます。
3年生では「ヒット作品の裏側」、「ハマるファンの心理と行動」などを全体のテーマとし、グループごとに調査・発表します。また、夏合宿では実際に自分たちでプロデュース企画書の作成に取り組みます。4年生では卒業研究に取り組みます。ゼミでの活動を通してエンターテインメントに関する知識を深めるだけではなく、独創的な発想力・企画力やコミュニケーション能力を磨くことを目標としています

過去の卒業研究例
  • アニメ声優はいかにしてアイドルになったのか~ファンが求める声優像~
  • 拡大する2.5次元ミュージカル~『テニスの王子様』を事例に~
  • アイドルとファンとお金の関係〜何に価値を見出しているのか〜
  • 時代や国を越えた『花より男子』というコンテンツの力
  • お笑いコンテストの光と影〜競技化の魅力と乱立によるマンネリ化〜

課題解決型学修(PBL)とは?

私たちが生活している社会にはさまざまな問題や課題があります。課題解決型学修(PBL)とは、学生が社会に出て地域社会で生活している人々や働いている人々と一緒に、その地域や働く場の問題や課題を発見し、大学で学んだ知識を生かしてその問題や課題の解決策を考え実践することで、社会に出た時に役立つ実践的な知識を学ぶ学修スタイルです。社会学部では2年生に履修する課題解決型学修として「プロジェクト演習」や3年生に履修する「グローカル人材PBL」などの科目を提供しています。

プロジェクト演習とは?

主に地域社会の問題や課題を発見することを目標にしています。一緒に考える地域の人々は様々なので、複数の地域社会の問題や課題に対応するクラスがあります。そのひとつである「北野商店街活性化プロジェクト」は佛教大学が包括協定を結んでいる北野商店街と連携し、北野商店街で行われているいくつかのイベントを商店主とともに実施し、地域社会が抱える問題や課題について学びます。参加しているイベントは2019年度では4月の春祭り、7月の夏祭り、10月のハロウィンでの企画を担当しています。受講生は地域の高齢者と子どもたちのふれあいの形成のために、春祭りでは、商店街スタンプラリーや空き店舗を利用した懐かしい遊び、夏祭りではぶんぶんゴマやメンコを子どもと高齢者が一緒になって作成する企画を運営しました。ハロウィンでは子どもたちと高齢者が一緒になって仮装グッズを作成し、商店街を練り歩く企画を計画中です。

グローカル人材PBLとは?

主に企業や事業所と連携し、企業や事業所の問題や課題を発見し解決策を提案し実践することを目標にしています。複数の企業や事業所の問題や課題に対応するクラスがあります。そのひとつである「京丹後市産業活性化プロジェクト」では、京都府北部に位置する京丹後市の行政や企業・事業所と連携し、少子高齢地域での事業活動に対する解決策を提示することで過疎問題や持続可能な社会について学びます。2019年度では5月と8月に現地を訪問して企業・事業所の見学を行い、京丹後市が誇る丹後ちりめんの再興を目指し、企業・事業所や地域の人々とともに丹後ちりめんファッションショーを運営することになりました。受講生はSNSを利用したPR、ファッションショー内で上映する企業・事業所や地域の人々が語る丹後ちりめんへの思いを編集した動画の作成を担っています。なお、グローカル人材PBLはグローカルプロジェクトマネージャーの必修科目です。

本学の社会調査士への取り組み

社会調査士は、一般社団法人「社会調査協会」が認証する民間資格です。同協会によると、社会調査士とは「社会調査の知識や技術を用いて世論や市場動向、社会事象等を捉えることのできる能力を有する調査の専門家」であることの証であり、現代社会学科・公共政策学科の両方で取得することができます。

この資格を取得するためには、「社会調査論」などの定められた講義単位を取った上で、3年次から始まる「社会調査研究演習」を1年間受講する必要があります。この演習は十数名程度で行われる1年間だけのゼミのようなもので、調査テーマを各人が決定し、実際に統計調査もしくはインタビュー調査を実施します。これまでの演習では主に「若者の社会意識」をテーマとし、若者の友人関係やライフスタイルから政治的な意識までを幅広く取り扱ってきました。社会調査士のプログラムではこのような実地調査を通して、情報を読み解く力を磨き、より正確に社会動向を理解するための教育を提供しています。

取得可能な教員免許状・資格

教員免許状

  • 社会/中学校1種
  • 地理歴史/高校1種
  • 公民/高校1種
  • 情報/高校1種
  • 特別支援学校1種

資格

  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 学校司書
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 浄土宗教師
  • 浄土宗開教使
  • 浄土宗社会教化主事
  • レクリエーション・インストラクター
  • グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)
  • 年間の履修登録単位数に上限があるため、取得できる教員免許状・資格の数には制限があります。
  • 教員免許状・資格の取得にあたっては、所定科目の履修が必要です。
  • 併設されている通信教育課程を併修することにより、小学校1種などの他学科指定の教員免許状も取得可能です。
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館
  • 宗教文化ミュージアム
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館