教育学研究科

教育学や臨床心理学における「不易」と「流行」を追求し、
理論と実践を融合できる高度専門職業人の養成につとめます。

教育学研究科

大学院教育学研究科は、これまで全国各地から多くの学生を集め、研究者はもとより、優秀な教員や臨床心理士を数多く輩出してきました。本研究科から巣立った皆さんは、「実践力に富んだ心やさしい先生」、「クライエントの気持ちにより添えるカウンセラー」とし て高い評価を受けていることも衆目の一致するところです。

この良き伝統を発展的に継承していくためには、子どもやクライエントがどのような考えをもち、何を望んでいるかを敏感に感じ取り、現代に必要な教育や支援とは何かという大きな問いに対して真摯に取り組むことのできる高度な専門職業人の養成が急務です。また同時に、社会がいかに変化しようとも「普遍的な」教育学や臨床心理学のもつ意味を研究することのできる研究者の育成も重要です。前者を学問の「流行」というならば、後者はその「不易」の側面といえるでしょう。

教育学研究科のカリキュラムは、この両者を視野に入れながら高度専門職業人にとって必要な科目群によって構成されており、また、それを教授する側も熱意と強い使命感をもって指導にあたっています。

教育学や臨床心理学は人間が相手であり、人間を見つめるところからその研究は始まります。大学院で学ぼうとする皆さんは、これまでも大学や職場、家庭において人間同士の関係づくりがいかに重 要かといった経験を重ねて来られていることでしょう。

教育学研究科では、そうした皆さんの問題意識を大切にしながら、現代的課題に沿った理論と実践を融合できる教員や臨床心理士・公認心理師の養成を使命としたいと考えています。

教育学研究科長 山口 孝治

  • ぶったんWEB
  • 四条センター オンライン講座
  • 図書館
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中