歴史学専攻

世界史的・人類史的な視野からの歴史学研究を通じて、歴史学に関する広汎で高度な専門的知識や分析・研究の技能を活用できる人材を養成しています。

世界史的視野に立った、広汎で高度な歴史学に関する教養

近年の歴史学研究は、政治・経済・文化の国際化、少子化、環境・資源問題などの社会環境の変化のなかで、一国史的な枠組みが解体しつつあり、研究・学修環境の国際化・学際化に対応して世界史的・人類史的な視野からの研究が必要になっています。専門科目の学修を中心としながら、近接分野の知識を広く学修して、多様な研究視角や研究方法に関する基礎的知識を身につけ、自らの研究を広い視野で位置づけます。

研究に必要な基礎能力や技能の涵養

より広い視野から高度な歴史学の専門知識を習得し、独創的な研究方法を確立するために、歴史学に関する高度な専門知識と学際的な知識、専門領域や近接関連領域の研究状況・研究到達点や研究成果を踏まえて、文献読解の高度な語学力と史資料の収集・分析などの研究技能、専門的な研究の視点・方法、分析・総合の方法、立論の方法を学修し、歴史学に関する視野の広がりや研究的思考の深化を図ります。

実践的な学問への展開

歴史学に関する高度な教養を身につけた人(職業人や研究者)に求められるのは、理論と実務をつなぐことのできる実践的な能力、すなわち専門的・学術的な事項を利用可能な形で社会に広く発信できる能力です。そのために、フィールドワークなど体験型の学修や、史(資)料を情報源として取り扱う知識や実践的技能の修得、歴史情報として社会に発信する史(資)料や調査・研究の成果などを情報化するための学修を進めます。

歴史学専攻の教育研究上の目的と3ポリシー

歴史学専攻 修士課程
文学専攻 博士後期課程

研究テーマ・論文題目(修士・博士)

※ これまでの修了者のものより抜粋しています。

  • 薬師寺の葡萄唐草文をめぐる一考察
  • 神仏分離令と牛頭天王
  • 『常陸国風土記』「香島天之大神」神話を読む
  • 近代神道史における柳田国男と河野省三「神道私見論争」を起点に
  • 対馬藩家政改革への道筋雨森芳洲『勧懲定式』を中心に
  • 関東地域における弥生土器編年の再整理
  • 幕末維新期の尾張藩生糸商人と藩の流通政策武儀郡長瀬村武井助右衛門家を中心にして
  • 戊辰戦争時の「病院」と「介抱人」の役割英国医師の関与した「病院」を中心に
  • 玉作から見る古墳時代前期の南関東相模・南武蔵を中心として
  • 伊勢湾周辺地域におけるボラの民俗 ・ 年中行事「二十日灸」の民俗学的研究
  • ぶったんWEB
  • 図書館
  • オープンラーニングセンター
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中