看護学科

高い知識と技術を獲得して
対象となる人々の支えになる

日々進歩する医療現場の最前線で活躍するためには、高い知識と技術、相手の立場で考える豊かな人間性が不可欠です。
看護学科では、「共生(ともいき)と看護」を基本理念に、患者さんの思いを理解して、心身ともに支えられる力を養成。
他学部の学生との交流も、幅広い知見と多角的な視点、コミュニケーション能力を高めるきっかけを提供してくれます。

学びのポイント

習熟度段階に応じた臨地実習

1 年生から病院などの施設で臨地実習を行います。数人のグループに教員 1 名がつくため、実習の中身もより濃いものに。3・4 年生には習熟段階に応じてさまざまな領域の看護を経験し、実践力に磨きをかけます。

習熟度段階に応じた臨地実習
習熟度段階に応じた臨地実習
習熟度段階に応じた臨地実習

実習予定施設

病院 等

京都市立病院、京都大学医学部附属病院、京都第一赤十字病院、十条武田リハビリテーション病院、洛和会丸太町病院、大津赤十字病院、京都民医連中央病院、西陣病院、近江八幡市立総合医療センター、いわくら病院、北山病院、滋賀県立小児保健医療センター、京都府立医科大学附属病院、大阪府済生会吹田病院、聖ヨゼフ医療福祉センター、関西医科大学総合医療センター、日本バプテスト病院、長尾助産院、京都府助産師会

高齢者施設 等

特別養護老人ホーム「和順の里」、京都市桂川特別養護老人ホーム、介護老人保健施設洛和ヴィラアエル、介護老人保健施設洛和ヴィライリオス

幼稚園

佛教大学附属幼稚園

訪問看護ステーション 等

京都市内をはじめとする

  • 訪問看護ステーション:11 カ所
  • 地域包括支援センター:13 カ所

京都府保健所・市町保健センター/中学・高等学校、企業・健診センター

教育の方針

授業ピックアップ

成人看護急性期方法論Ⅰ

2年生の春学期の成人看護急性期方法論Ⅰの授業における、一次救命処置(BLS:Basic Life Support)の演習風景です。模擬患者が急変した場面を想定し、シミュレーションとイメージ造りをした後に実施していますので、シミュレーターへのBLSも真剣です。救急看護認定看護師による指導を受け、確実なBSL技術の獲得だけではなく、臨場感に溢れた「急変時の看護」の学習機会となっています。

日常生活行動援助技術論(基礎看護学)

1年生の秋学期に開講している日常生活行動援助技術論の演習の一場面です。看護技術学習は、ひとがひとらしく、そしてその人にとって心地よいと感じる生活行動を看護師が意図的に創り上げていくという看護本来の業としての療養上の世話における技術学習です。学習過程は、講義、教員のデモンストレーション、そして学生同士、さらには模擬患者(Simulated Patient :SP)とのシミュレーション演習と、できるだけリアリティーのある学習を通して、患者にとって心地よい技術の発見や探求をしていきます。

ゼミの紹介

植村小夜子ゼミ

グループワークで考える看護の役割

入門ゼミ(1年生)では、自己の課題と照らし合わせて、疾病予防や健康増進といった看護の役割を考えます。8名ほどの小グループに分かれて各自が調べた内容をプレゼンテーションし、複数教員の指導のもとでディスカッション。健康や看護の役割を理解して説明できること、学びの成果を提示して議論できること、自己のテーマを明確にしてレポートを作成できることを目標に学びます。

日隈ふみ子ゼミ

データ分析や仲間との討論を経て探求する母性看護学

このゼミ(4年生)では、4月の看護研究Ⅰ(文献検討・研究計画書作成)に始まり、10月の統合実践看護実習(各自のテーマに沿った実習)、それ以降は、看護研究Ⅱで、データ分析や仲間との討論を経て論文作成へつなげるなど、実に濃厚な時間をゼミ生とともに過ごします。最終的には、苦しみつつも深く考え論文にまとめる力を身につけて成長していく過程が、ゼミ生と教員の誇りです。

取得可能な資格

資格

  • 看護師(国家試験受験資格)
  • 保健師(国家試験受験資格)
  • 保健師課程希望者に対し、学内規定に基き、2年生の第4セメスター終了時に選抜を行います(保健師課程定員は最大15名)
  • 保健師資格取得者で在学中に所定科目を修得した者は、養護教諭2種免許状の申請を行うことが可能です。
  • 保健師国家試験に合格し保健師の登録をした者は、都道府県労働局への申請により第1種衛生管理者の免許を取得することができます。
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館
  • 宗教文化ミュージアム
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館