歴史文化学科

歴史文化学科の教育研究上の目的

歴史文化学科では、使命と目的に基づいて、以下のように具体的な教育研究上の目的を設定しています。

人材養成の目的

  1. さまざまな時代や地域の人々が残した有形・無形の文化を通して、過去から現代に至る人間の営みを見つめることによって、「人間力」をもった人材を養成する
  2. 日本あるいは世界の歴史的な文化事象についての学修を通して、社会人として必要な教養や技能を身につけた人材を養成する
  3. 日本あるいは世界の歴史的な文化事象について学ぶ中で、時間的・空間的な多様性を理解し、自己とそれを取り巻く社会・文化を客観的に理解できる人材を養成する
  4. フィールドワークをはじめとする体験・実践を重視した学修を通して、広い歴史知識と歴史的な文化事象の多様性に対する理解に裏打ちされた洞察力と判断力を備えた人材を養成する
  5. 学修の成果を活用して、現代社会と能動的に向き合い、問題解決のための多様な方法と実践力を備えた人材を養成する

その他の教育研究上の目的

1)教育

  1. 人材養成の目的に基づき、日本あるいは世界の歴史的な文化事象に対する理解を深めるために、専門教育をはじめ、多様な教育課程を提供する
  2. 日本あるいは世界の歴史的な文化事象についての教養や技能を身につけ、それを活用できる人材を養成するために、多様な学修機会を提供する
  3. 専門の学修を深めるために、学生に対する支援を行う
  4. 学修の成果を活用して社会に貢献できる人材を養成するため、歴史学の学修成果を活用できるキャリア形成支援を推進する

2)研究

  1. 歴史資料を対象とする歴史学の各分野・領域における最新の研究を遂行する
  2. それぞれの専門領域における研究成果を積極的に教育へ還元する

3)社会貢献

  1. 体験・実践を重視した学修を通して、地域社会の課題の発見や解決に貢献する
  2. 教育・研究の成果を積極的に発信し、歴史学の諸分野・諸領域に関するさまざまな学修機会を提供し、社会に還元する
  3. 教員・学芸員など歴史と直接に関わる専門職をはじめ、行政や一般企業などにおいても、歴史および歴史学に関わる知見や思考を活かすことのできる人材を輩出して社会に貢献する

歴史文化学科の教育方針(三つのポリシー)

歴史文化学科では、教育研究上の目的を達成するために、ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)を以下の通り定めます。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

  1. 日本あるいは世界の歴史的な文化事象について基本的な知識と技能を有し、その重要性が理解できている
  2. 自らが専攻する分野・領域を中心に、歴史的な文化事象の時間的・空間的多様性について理解できている
  3. 日本あるいは世界の歴史的な文化事象に関する学修と現場での学修・活動の成果を統合し、その結果を言葉や文章によって論理的に提示できる
  4. 学修成果を用いて、現代の地域社会や国際社会に内在する諸問題について考えることができる

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

歴史文化学科では、歴史的な文化事象の特性に応じた地域文化・民俗文化・芸術文化の三つの文化領域を設定し、学位授与基準を満たす能力の修得を目指して、以下の方針のもとにカリキュラムを編成します。

  1. 社会人として必要な教養や技能を身につけるために、全学共通科目群と全学教養科目群を提供する
  2. 初年次には、各領域に通底する「歴史文化概論」および「地域文化」・「民俗文化」・「芸術文化」の概論を必修科目とする。これにより、学科に包摂される歴史文化の研究に関わる学問諸領域の基礎的な知識の修得を目指す
  3. 2学年以降に開始する専門的な学修は、資料読解・分析の力を段階的に養うことを目的にする演習科目や講読、専門的なテーマに関する知識や研究方法などを学ぶ特講、現場での学びを重視したフィールドワーク科目を中心に進める
  4. 2学年以降の専門的な学修において、学科が設置する三領域のうち一領域を主専攻として4学年まで継続して専攻科目を学修することで専門的な知識や技能の修得・深化をはかる。また、副専攻として異なる領域の専攻科目を学修することにより、多角的な視点からの学修を進めるとともに、異なる領域に関する知識・技能についても修得を目指す
  5. 2学年以降の専門的な学修においては関連科目を設定し、学生が自らの興味や関心に従い選択履修することにより幅広い教養と高度な能力の修得を目指す。関連科目は歴史学部における各領域の理解の深まりを学問分野に即して学ぶ科目のほか、フィールドワークの実践的な力を養う科目や研修などで構成する
  6. 2学年以降の専門的な学修で、研究法ゼミ(2学年)、発展研究ゼミ(3学年)、卒業研究ゼミ(4学年)と継続してゼミを設置することによって学修の深化をはかるとともに、学生自身による思考・判断、および表現する力の養成を図る
  7. 学修成果の総括として4学年において一つの課題に取り組んだ「卒業論文」の執筆を課す。卒業論文については複数の教員が審査(口頭試問)を行う

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

歴史文化学科が求める学生像

  1. 世界史・日本史・地理など地歴科目のいずれかについて、より広範な知識を有している人
  2. 歴史的な文化事象について強い関心を有している人
  3. 自分の考えを言葉や文章で表現できる人
  4. 歴史的な文化事象に関する学修を通じて高度な思考力や判断力・表現力を身につけたい人
  5. 学修成果を活かして、社会に積極的に関わろうとする人
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館
  • 宗教文化ミュージアム
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館