学生歴史学研究会

学生歴史学研究会の画像
学生歴史学研究会の画像

学生歴史学研究会(通称:歴研)の活動は、おもに個人発表・冊子製作・フィールドワークの3つからなります。
個人発表は、各部員が興味があることを調査・研究したものを20~30分程度で行っています。その内容は、日本史・世界史問わず幅広く、これの後には、部員間で質問・感想といった意見交換もすることによって、普段から調べている人も、そうでない人も新たな知見を得ることができています。
冊子製作は、個人発表で行ったことを、より発展させたものをまとめて、紫櫻祭や鷹陵祭の際に、冊子として発行しています。
上記の内容から、堅苦しくて厳しい活動かと思われるかもしれませんが、上回生が一から教えますので、ご安心ください。歴史学部はもちろん、それ以外の学部の方も大歓迎です!
フィールドワークでは、月に1回程度、京都市内やその周辺の歴史的建造物・神社仏閣・博物館といった場所をグループにわかれて散策しています。
その他にも、春の紫櫻祭や秋の鷹陵祭にも積極的に参加しています!Twitter、Instagramのアカウントがあるのでぜひご覧ください。
興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください!

団体プロフィール

団体代表者名 直江 和宣
団体連絡先 直江   rekiken@bukkyo-u.ac.jp
活動目標

本団体は、各部員が自身の調査・研究から得たものを、発表を経て冊子という形にすることで、教養を高めるとともに、部員間の親睦を深めることを目的とする。
個人発表・冊子製作・フィールドワークなど、個人ではできない活動を積極的に取り組んでいきたい。

活動詳細

活動日 火曜
活動場所 教室
活動スケジュール
4月
:紫櫻祭
5月
:フィールドワーク
6月
:フィールドワーク
7月
8月
:夏合宿
9月
10月
11月
:鷹陵祭、冊子発行、フィールドワーク
12月
:フィールドワーク
1月
:フィールドワーク
2月
3月
  • ぶったんWEB
  • 図書館
  • オープンラーニングセンター
  • 宗教文化ミュージアム
  • 佛教大学入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中