別科について

学長 伊藤 真宏

宗門後継者養成のための行学双修の道場


 新入生の皆さん。佛教大学別科(仏教専修)への入学、誠におめでとうございます。そして浄山道場への入行を歓迎いたします。
 浄山道場で修行を行なう別科からは、すでに多数の優れた人材が送り出されており、浄土宗の中枢において重要な役割を担い、青年会会長職や各種委員に就くなど、修了生が活躍中です。ここでは40年を超える歴史の中で一貫して、「行学双修」に重きを置いて宗門後継者を養成してきました。浄山における2年間の「行学双修」で培った力は、年を経れば経るほどますます発揮されるものでありますが、先輩方の活躍はまさに「行学双修」のたまもの、といえましょう。
 「行」と「学」を同時に修得することは、寺院における修行では当たり前のことです。
しかし今日ほとんどの寺院の生活様式は世俗の慣習に馴染み、僧侶の生活や振る舞いは在家の人々とそれほど変わりません。そのような一般の寺院では実現しにくい仏道修行を、ここ浄山道場では2年間の道場生活で達成していきます。朝目覚めて、夜眠りに就くまで、あらゆることを仏道修行と捉え、「道場清規」を遵守し、敬上慈下の心で僧侶としての素養を身につけてください。そして道場で行なわれる講義の内容をしっかり聞き、法然上人の精神を受け継いでください。法然上人は「往生のためには念仏第一なり、学問すべからず。ただし、念仏往生を信ぜん程はこれを学すべし」(『和語燈録』5、「諸人伝説の詞」所収、道遍が伝承した法然上人の言葉)とおっしゃっています。お示し通り、念仏が信じられるまでしっかり学びましょう。とことん実践し、とことん学ぶ、そんな道場生になっていくことを期待します。
 2年生の皆さん。すでに1年の学びを終え、後輩を受け入れる立場になりました。
道場生活には慣れていることでしょう。考えずとも身体が動くようになっているはずです。だからこそ2年生ではさらに学問知識の修得が進められると思います。1年生で学んだことに自信をもって、先輩として手本を示してください。手本を示そうとする中では思い通りにいかず自分の至らなさを感じることもあるでしょう。すると、もっと学びたくなるはずです。そうやって1年生を導きながら、自身が精進し、一層自分を高めていきましょう。
 法然上人の精神を行学双修でしっかり身につけ、法然上人がそうであったように、人々に希望をもたらすことができる浄土宗教師を目指してください。

宗門後継者養成道場長 稲岡 誓純

宗門後継者養成道場長 稲岡 誓純

めざせ行学双修のお坊さんを

 新入生の諸君、ご入学おめでとうございます。
 新二年生の諸君、心あらたなことと思います。
 別科(仏教専修)は浄土宗の僧侶の養成を根幹として、昭和52年度に大本山清浄華院に宗門後継者養成修練道場(浄山道場)として開設されました。今年で46期生を迎え、修了生は500人を超えております。
 浄山道場の玄関を入った正面に「佛教大学道場清規」が掲げられています。まず、この内容を理解し、しっかり遵守していただきたいものです。そして毎日の勤行と清掃などの作務をはじめ、仏教の開祖であるゴータマ・ブッダの生涯とその思想、お念仏の元祖である法然上人の伝記とその思想、インド・中国・日本の仏教史、浄土三部経などの講義、法式などの実践仏教の講義、はたまた茶道・華道・書道などの僧侶として必要な科目などの講義など、行(実践)と学(理論)を双修する道場生活に精進・努力をしていただきたい。
 特に新入生の諸君にとっては、これからの2年間の道場生活は、今までの生活とはまったく違い、戸惑うことが多々あると思います。そこで先輩の二年生を手本としていただき、二年生の諸君は新入生の良き手本となり、共に諸先生方に教えを請い、「和合の心」すなわち同じこころざしをもつ者たちが仲良くという「和」の心を養っていただきたい。
 昔から、お正月や寺院の法要には必ず「お鏡(鏡餅)」をお供えしますが、今一度、餅米がお鏡になる過程を考えていただきたい。・・・餅米はまず冷たい水に二・三日は浸けられます。次には熱湯の上で蒸籠に入れられ蒸されます。その次は、四股撞きをされ、最後にペッタンペッタンと頭を叩かれます。そうすると餅米同志が粘りを出し、餅と成り、丸められて立派な「お鏡(鏡餅)」となるわけです。このことは我々が一人前になる過程において、さまざまな苦労を重ねてもそれに耐え忍び、精進・努力しなければならないことを教えたものです。よって一人前になる見本であるから、姿や形は写しませんが「お鏡(鏡餅)」といわれるのです。
 諸君!この「お鏡(鏡餅)」のこころを肝に命じて、本来の僧侶の姿である「行学双修のお坊さん」を目指していただきたいものです。

合 掌

別科主任 坪井 剛

別科主任 南 宏信

目標の再確認

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。皆さんを佛教大学別科(仏教専修)にお迎えできたことを、教員の一人としてとても喜んでいます。ただ皆さん自身は、これから2年間の道場生活を思って、不安と期待が入り交じっているのではないでしょうか。早く道場生活に慣れて頂くと同時に、何か不安なことがあれば、指導員・教員や上級生・同級生など、周囲の人たちに積極的に相談してみてください。
 また2年生の皆さん、1年間の道場生活お疲れさまでした。日々の作務等にも多少は慣れてきたのではないでしょうか。ただ、順調にいけば今年の冬には「伝宗伝戒道場」への入行が待っています。そう考えると、まだまだ「道半ば」ですので、改めて気を引き締め直して日々の生活を過ごしてください。
 さて今後、皆さんが道場生活を続けていく上で、恐らく多くの困難が伴うことだと思います。時にはついつい怠けてしまいたくなることも、逆に心が折れてしまうこともあるかもしれません。そんな時には、いまの自分の「目標」は何なのか、長い人生においていまの自分はどういう「位置」にいるのかということを考え直してみてください。
 例えば、そもそもどうしてこの道場に入ってきたのか、将来この道場を修了してからどのような僧侶となりたいのか、そのためにこの道場でどのような経験を積もうと思っているのか・・・などなど。こういった「目標」を再確認することで、なぜ今、この厳しい道場生活を送っているのか、その意味を改めて確認することができるのではないでしょうか。
 道場はあくまで皆さんの「修養の場」です。ここを通り抜けた後に「本番」が待っています。ですので、将来の自分に必要な技術や知識、心構えなどをこの道場でしっかり身につけてください。道場を出た後に身につけようと思っていても、一人ではなかなか勉強することすら難しいものです。この道場にいる間に最大限、この道場を「利用」してくれることを期待しています。

  • ぶったんWEB
  • 図書館
  • オープンラーニングセンター
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中