重要なお知らせ

  1. ホーム
  2. 重要なお知らせ
  3. 【学生・入学予定者・保護者の皆さまへ】2021年度春学期の授業実施にあたって

【学生・入学予定者・保護者の皆さまへ】2021年度春学期の授業実施にあたって

2021.3.8

2021年度の授業運営については、2020年度秋学期に実施した授業での感染状況等を踏まえながら検討を重ね、これまでの遠隔授業の利点を活かした教育のさらなる充実を図ります。
また、現在の予定では、全授業の約87%を対面授業、約13%を遠隔授業で実施します。

遠隔授業支援ポータルサイト

2021年度授業実施方針

(1)遠隔授業の有効性を活かした新たな教育を実施していきます。
(2)学生のみなさんの安全に最大限配慮することを最優先とし、対面授業を行う場合は、感染防止対策(教室換気、座席間隔の確保等)を十分講じます。
(3)遠隔授業の利点を活かし、授業形態や科目特性、教育効果等を勘案し、対面授業と遠隔授業のそれぞれの良さを効果的に併用した授業を行います。
【実施例】
◆講義形式の授業は、対面授業を基本としつつ、履修者が多数の科目や科目の特性によって、遠隔授業にて実施します。
◆遠隔授業では、同時双方向型授業を基本としつつ、ディスカッション等の同時双方向的要素のある授業回は同時双方向型で実施し、知識獲得的要素のみの授業回はオンデマンド型で実施します。
◆演習、実技、実験、実習については、原則、対面形式で実施します。
◆科目の特性によって、「対面授業」「同時双方向型授業」「オンデマンド型授業」の3つのパターンを柔軟に組み合わせたハイフレックス授業で実施します。
(4)今後の新型コロナウイルス感染拡大状況によっては、学期の途中であっても授業の実施形態を柔軟に見直します。

授業実施に伴う配慮事項等

(1)対面授業において、罹患等により出席停止とされた学生や、やむを得ない事情により対面授業への出席が困難な学生に対しては、対面授業を同時双方向で配信する等、可能な範囲で代替措置を講じます。
(2)遠隔授業を行う場合は、提出された課題に対するフィードバックを適宜行う等、双方向性の確保について配慮します。

学生の皆さんへのお願い

(1)学内での感染拡大防止のため、毎日の体調管理を行うとともに、体調不良・発熱等の症状がある場合は無理な登校を控えてください。
(2)遠隔授業の受講にあたり、自宅等でのインターネット環境の準備をお願いします。また、対面と遠隔を併用した授業実施に伴い、対面授業の前後の時間に実施する遠隔授業を空き教室やキャンパス内でも受講できるよう、準備してください。
なお、学内での利用環境にも一定の制約があるため、同時双方向型授業をリアルタイムで受講できない方は、録画された映像をオンデマンド形式で受講していただいても構いません。
(3)同時双方向型授業は、オンデマンド形式で受講できるよう、担当教員が録画します。出席確認のほか、語学の授業やディスカッションを中心とする授業など、担当教員から指示があった場合を除き、カメラをオフにして受講していただいても構いません。

佛教大学
  • ぶったんWEB
  • 図書館
  • オープンラーニングセンター
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中