お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 保健医療技術学部 坪山直生教授の研究グループが、歩行学習支援ロボット「Orthobot(オルソボット)」を開発

保健医療技術学部 坪山直生教授の研究グループが、歩行学習支援ロボット「Orthobot(オルソボット)」を開発

2020.7.1

保健医療技術学部理学療法学科坪山直生教授が所属する研究グループが、京都大学COICenter of Innovation)拠点において歩行学習支援ロボット「Orthobot(オルソボット)」を201912月に開発。製品化が行われ、2020331日に発売開始されました。

「今使用している装具がロボットに変わる」という新しい発想で開発された「Orthobot」は、脳卒中や脊髄損傷等により、歩行に何らかの困難を抱える人々の機能改善に必要な、歩行リハビリテーションを補助する装着型のアシストロボットです。

高齢社会の進む日本では、リハビリテーションのロボット化は重要な取り組みです。しかし、従来のリハビリテーションロボットは装着に時間がかかることや、専門家による設定が必要などの理由により、特に専門家のいない介護現場では利用が困難でした。

Orthobot」は3.0㎏という小型軽量化を実現し、わずか1分程度での装着を可能とするなど、高齢者を含めた歩行が不安定になった方々に対し、正常な歩行体験を簡便に支援することが可能になります。

研究グループは京都大学(大畑光司講師)を中核機関とし、京都工芸繊維大学(澤田祐一教授)、佛教大学(坪山直生教授)、関西医科大学(長谷公隆教授)、サンコール株式会社、大日本印刷株式会社で構成され、販売をフィンガルリンク株式会社が担当します。

※大学名の後の( )内は各大学研究代表者。

※坪山教授は前任校の京都大学において、20183月まで本研究開発グループの代表者を務めておられました。

研究推進部社会連携課
  • ぶったんWEB
  • 四条センター オンライン講座
  • 図書館
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中