お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 佛教大学はカーボンニュートラル実現を目指し、エコキャンパス化を推進します。

佛教大学はカーボンニュートラル実現を目指し、エコキャンパス化を推進します。

2022.7.25

本学は、2050年カーボンニュートラル実現を目指した取り組みを推進するため「佛教大学エコキャンパスの基本方針」を制定しました。開学110周年を迎えることを機に、SDGs達成に向けた取り組みを積極的に推進していきます。

※本学は、文部科学省、経済産業省、環境省が中心となり、20217月に設立された「カーボンニュートラル達成に貢献する大学等コアリション」に参画し、「ゼロカーボン・キャンパスワーキンググループ」に所属しています。

カーボンニュートラル実現を目指した佛教大学エコキャンパスの基本方針

地球の平均気温は産業革命以後約1℃上昇したと推定されており、このまま何も対策をとらなければ、海面上昇や異常気象による甚大な災害の頻発化の可能性が指摘されています。

「仏教精神」を建学の理念とし、世界文化の向上と人類福祉の増進を使命として教育研究活動に邁進してきた佛教大学は、このような地球規模の課題に対して積極的に取り組み、2050年カーボンニュートラル実現を目指します。

2022年に開学110周年を迎えるにあたり、次の10年、20年と新たな歴史を刻んでいくために、本学はエコキャンパス実現に向けて次のとおり基本方針を定めます。

1.仏教精神に基づき、世界文化の向上と人類福祉の増進に貢献することを使命とする本学は、カーボンニュートラルの達成を目指します。

2.地球環境の保全を目的とした教育を推進し、環境に対する高い知見と倫理観を備えた人材の育成に努めます。

3.教育研究活動、大学運営活動から生じるあらゆる環境負荷の低減・抑制に努めます。

4.学生および教職員、その他すべての構成員が共に環境問題に向き合い、学んだ知識を社会に還元するよう努めます。

5.地域との連携を図り自然環境保全に努めます。

学長 伊藤 真宏

佛教大学
  • ぶったんWEB
  • 図書館
  • オープンラーニングセンター
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中