お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 【教職リカレントプログラム】9月16日から申込受付を開始

【教職リカレントプログラム】9月16日から申込受付を開始

2020.7.27

就職氷河期世代を対象とした教職に関するリカレント教育プログラム

申込方法等詳細は8月下旬頃に当ホームページにてお知らせします。

就職氷河期世代(35~55歳)の教員になる夢をかなえる

佛教大学では、文部科学省からの事業委託により「教職リカレントプログラム」を開発し、教員免許状を持つものの教職への道を諦めざるを得なかった方々を対象に教育現場で活躍するための資質・能力の学びを提供します。

※このプログラムは「就職氷河期世代を対象とした教職に関するリカレント教育プログラム事業」「更新講習型プログラム」として、文部科学省からの事業委託により実施します。

採用試験に向けてのプログラムを提供

教員として必要な資質・能力を学ぶ「教員免許状更新講習」(5講座)ならびに採用試験に向けて知識・技能を学ぶ「リカレント講座」(3講座)の合計8講座を自宅で学習できるプログラムとして提供します。
また、希望に応じ本学で対面での集団面接・模擬授業プログラムを合わせて提供し、教員採用まで支援します(通学課程との合同プログラム)。

受講資格

次の条件を全て満たす方
①教諭(幼稚園を除く)の普通免許状を所持している方(教科不問)
②次年度の教員採用試験受験や臨時的任用リストへの登録など学校現場で勤務する強い意思がある方
③教員としての勤務未経験もしくは勤務経験はあるものの学校現場から離れている方

受講条件

安定してインターネットに接続できる環境とパソコンをお持ちの方で、ウェブカメラ・マイクを使用し、オンラインでの授業や試験(Zoomによる試験)が受講・受験できる方

履修期間 

202010月~20219

受講料

48,000円[8講座パッケージ提供]

※以下の条件を満たす方は受講費用が減免され24,000円になります。
※支援開始月は、2020年10月16日となります。

プログラムの受講前に教員採用試験の受験や臨時的任用リストへの登録など学校現場で勤務する意思があることを書面により確認でき、かつ以下の2つの要件に該当する方は、受講料が半額に減免されます。
(1) 支援開始月の前月の末日(以下「基準日」という)時点において、35歳以上55歳未満の者
(2) 基準日から起算して過去1年間正社員として雇用されていない者、かつ、基準日から起算して直近5年間に正社員としての雇用期間が通算一年以下の者や、概ね一年以上の間に臨時的・短期的な就業を繰り返すあるいは臨時的・短期的な就業と失業状態を繰り返すなど不安定就労の期間が長い者、非正規雇用の就業経験が多いあるいは就職後の就業期間が短いなど安定した就労の経験が乏しい者

「令和元年度就職氷河期世代を対象とした教職に関するリカレント教育プログラム事業」公募要領より一部抜粋

募集人数

100名

申込期間

2020年9月16日(水)~11月30日(月)

担当教員紹介

教育学部 原 清治 教授(副学長,生涯学習機構長)

専門分野:教育社会学/学校臨床教育学/教員養成


教育学部 小林 隆 教授(生涯学習副機構長)

専門分野:学校教育学(社会科教育)


教育学部 渡邉 照美 准教授

専門分野:生涯発達心理学/死生心理学


教育学部 牧 剛史 准教授

専門分野:臨床心理学/心理療法学

佛教大学
  • ぶったんWEB
  • 四条センター
  • 図書館
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中