お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 発達に課題のある、思春期の子どもの親支援講座

発達に課題のある、思春期の子どもの親支援講座

2021.10.5

思春期に入ると、これまでとは異なる新しい課題に子どもも親も出会うのではないでしょうか。
学習のこと、コミュニケーションのこと、休日の過ごし方、ゲームのこと、等々。
親として、子どもに対してどう向き合うか、ともに考えていきましょう。
この講座では、ペアレントトレーニングの考え方を学び、発達に課題のあるお子さんに対して、
家庭で実践できる対応方法や具体的工夫を一緒に検討していきます。
今回の講座はオンラインで実施いたします。

<お申込み締切>10月20日(水)18時まで
※開催日:毎週木曜日 10:00~12:00

◆第1回 10月28日
「オリエンテーション」
思春期の子どもの変化と起こりがちな困り感について取り上げます。行動に基づいた基本的な考え方を説明します。
参加者とスタッフの自己紹介もいたします。

◆第2回 11月4日
「子どもの行動と向き合おう!行動の見方と記録の方法」
子どもの「行動」に注目することで、"なんでこんなことするの?" "どうしてできないんだろう?"の答えが見えてきます!
行動のとらえ方のポイントを学び、子どもの「行動」への理解を深めましょう。

◆第3回 11月11日
「これから必要な行動って?ある行動が増えるためのアイディア」
思春期に起こりがちな行動や、今後のために身に着けておきたい行動など、具体的な事例を通して行動が増える原理を学びます。
どうすれば適切な行動を増やせるのか、たくさんのアイデアを紹介します!

◆第4回 11月25日
「〝わかりやすい″をつくるポイント 伝え方と環境の工夫」
伝え方や周りの環境をちょっと工夫するだけで、子どもの反応は違ったものになるのです。
一緒に"伝え上手" で"工夫上手"な保護者を目指しましょう!

◆第5回 12月2日
「困った行動とどうかかわる?親子関係を考えよう」
子どものこんな行動に困ってる...と悩んでる保護者は多いはず。でも、困った行動は子どもを理解するチャンスです!
どんな風に対応したらいいんだろう。そんな疑問を解決していきましょう。

<対象の方>
発達に課題のある12-16歳のお子さんをもつ保護者の方(ご両親いずれか、ご両親ともの参加可能)。
パソコン等でZOOMによる講義が視聴でき、グループでの双方向のやりとりが可能な方。

<スタッフ>
佛教大学臨床心理学研究センター相談員・研修員(公認心理師、臨床心理士の有資格者を含む)

<費用>
資料代金込み、全5回通して5,000円 指定の口座にお振込みいただきます。

<お申込み方法>
①下記URLよりお申込みください。

URL:https://forms.gle/k1xtd8YXWXrXZp5h6

②または、以下をご記入のうえ、メールにてお申込みください。
1. お名前(年齢)
2. お子様との関係
3. お子様の名前(年齢)
4. お子様の生年月日
5. お子様の所属(学校名・種、学級など)
6. 郵便番号・ご住所
7. メールアドレス
8. 携帯電話番号
9. ご家族の構成(人数)祖父、祖母、父、母、対象児除くきょうだい※同居のかたがわかるようにご記入ください。
10. 現在、お子様のことでできてほしいと願っておられること、困っておられることはどのようなことですか。
講座に期待することなど、自由にお書きください。
11. これまでに受けた診断名(発達上、あるいは身体疾患)、医療機関や相談機関(年月日)があれば、お書きください。
12. 現在かかっている治療・訓練機関があれば、お書きください。

<申し込み・問い合わせ先メールアドレス>
 butsudai.gakushuushitsu@gmail.com
(メール件名にご入力)親支援講座「大学HP」係

※このお申込みによる個人情報は、この業務に際してのみ利用するものであり、それ以外の目的では使用いたしません。
厳重に管理し守秘いたしますのでご安心ください。

※参加の可否につきましては、10月22日までにメールにてお知らせいたします。

臨床心理学研究センター 臨床心理相談室
  • ぶったんWEB
  • 図書館
  • オープンラーニングセンター
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中