イベント

  1. ホーム
  2. イベント
  3. ポスト京都議定書―二酸化炭素25%削減社会へのシナリオ―

ポスト京都議定書―二酸化炭素25%削減社会へのシナリオ―

ポスト京都議定書―二酸化炭素25%削減社会へのシナリオ―

趣旨:
持続可能な「低炭素社会」の実現が、いまや世界の最大の関心事となってきた。
国内では新政権が二酸化炭素の25%削減を掲げたことで、大きな議論が巻き起こっている。
そのような課題に対して、温暖化の研究と政策提言に、当初から中心的に関わってきた3人の演者が、その数字の意味するところ、またその実現に向けたシナリオ、さらにはその延長線上に想定される石油文明の転換について、最新の情報を基に議論を展開する。

日時
 2010年3月2日(火曜)【参加費無料・事前申込不要】
 13:00~16:00

場所
 佛教大学四条センター(京都四条烏丸三井ビル4階)

定員
 150名

プログラム
 13:00 - 13:05 趣旨説明
  萩原 清子(佛教大学社会学部教授)
 13:05 - 14:45 I 発題講演
   1 . 「いま地球の危機をどうみるか」
     内藤 正明(佛教大学社会学部教授)
   2 . 「25%削減をどうやって実現するか」
     西岡 秀三
     (国立環境研究所特別客員研究員/地球環境戦略研究機関 研究顧問)
   3 . 「地方が進める持続可能社会づくり」
     内藤 正明(前掲)
   4 . 「温暖化対策の思想的基盤」
     加藤 三郎(株式会社環境文明研究所 代表取締役 所長)
 ― 休憩 ―
 15:00 - 16:00 II パネルディスカッション(質疑応答含む)
  パネリスト : 加藤 三郎、西岡 秀三、内藤 正明
  司会・コーディネート : 内藤 正明

後援
 京都府・京都市

主催・問い合わせ
 佛教大学総合研究所
 TEL: 075-491-2141(代)

  • ぶったんWEB
  • 図書館
  • オープンラーニングセンター
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中