イベント

  1. ホーム
  2. イベント
  3. 特別研究プロジェクト 日本浄土教の可能性 臨床心理と建築の観点から

特別研究プロジェクト 日本浄土教の可能性 臨床心理と建築の観点から

特別研究プロジェクト 日本浄土教の可能性 臨床心理と建築の観点から

従来の浄土学にはなかったフィールドから異なった視点でのアプローチを試みます。臨床心理学の専門家は夢から浄土教諸師の人間像を浮き彫りにし、建築学の専門家は臨終の建築空間と成立構造を論考します。
いずれも現代的課題にも深くかかわるものであり、興味深いシンポジウムとなっています。

日時
 2010年11月17日 (水曜) 15:00~18:00

場所
 佛教大学 常照ホール (成徳常照館5階)

プログラム
 15:00~15:15
  開会

  ・挨拶
   山極 伸之 (佛教大学長)
  ・趣旨説明
   君塚 大学(佛教大学総合研究所長)
  ・講師紹介
   藤本 淨彦(プロジェクト統括/佛教大学仏教学部教授)
 15:15~16:45
  発題講演

  1.「夢と浄土教」
   名島 潤慈(山口大学大学院教育学研究科教授/臨床心理士)
  2.「臨終の住まいの建築論」
   西村 謙司 (日本文理大学工学部建築学科准教授)

 ------------------------ 休憩 ------------------------
 17:00~17:30
  コメント
  1.名島氏に対して
   藤堂 俊英(佛教大学仏教学部長)
  2.西村氏に対して
   神居 文彰(平等院住職/佛教大学非常勤講師)
 17:30~18:00
  ・質疑応答
  ・総括
   藤本 淨彦(前掲)
 司会進行
 川崎秀子(佛教大学総合研究所)

主催・お問合せ
 佛教大学総合研究所
 Tel:075-495-2150(直通)
 E-mail:
 ※スパムメール対策のため、Eメールアドレスを画像で表示しています。
  メール送信の際には、宛先に上記アドレスを半角英数で入力してください。

  • ぶったんWEB
  • 図書館
  • オープンラーニングセンター
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中