イベント

  1. ホーム
  2. イベント
  3. 総合研究所20周年記念シンポジウム 現代京都のくらしと宗教

総合研究所20周年記念シンポジウム 現代京都のくらしと宗教

総合研究所20周年記念シンポジウム 現代京都のくらしと宗教

佛教大学総合研究所が設立されて20周年の節目にあたります。設立以来、仏教と京都を中心にしながらグローバルな視点にたち人文・社会系の先端的な研究に鋭意とり組んできました。本シンポジウムでは、日々のくらしや行事、風俗などに仏教的色彩を色濃く残す京都をテーマに、異文化の視点にそれらがどのように映り感じられているのか。京都が日本にあってよかった、と言わせるものは何か、具体的な事象などを契機に、日本人の振る舞いなどについても考える時が来ています。ふるってご参加ください。

日時
 2011年7月1日(金曜)16:10~18:30
 【定員300名・入場無料・事前申込不要】

場所
 佛教大学紫野キャンパス 常照ホール(成徳常照館5階)
 ※構内工事中に付き駐車スペースが無いため、お車での来学はお断りいたします。

プログラム
 16:10
  挨拶 
   山極 伸之(佛教大学長)
  趣旨説明 
   榎本 福寿(佛教大学総合研究所長)
 16:25~17:25
  講演
   ・安達 俊英(知恩院浄土宗学研究所嘱託研究員)
    「大阪人が見た京都の仏教の特色と役割」
   ・八木 透(佛教大学歴史学部教授)
    「難波の海へ送られた諸霊たち」
 ------------------------- 休憩 -------------------------
 17:35~18:30
  パネル討論
  ・司会
   大谷 栄一(佛教大学社会学部准教授)
  ・パネリスト
   ホァン・P・B・カーン
   (ベトナム:佛教大学社会学研究科社会学専攻修士課程修了)
   アンダソヴァ・マラル
   (カザフスタン:佛教大学文学研究科仏教文化専攻博士後期課程)
   金 美那
   (韓国:佛教大学文学研究科仏教文化専攻修士課程)
   ジョルジョ・プレモセリ
   (イタリア:佛教大学文学研究科仏教文化専攻修士課程)

主催・問合せ先
 佛教大学総合研究所
 TEL:075-495-2150(直通)
 E-mail:
 ※スパムメール対策のため、Eメールアドレスを画像で表示しています。
  メール送信の際には、宛先に上記アドレスを半角英数で入力してください。

  • ぶったんWEB
  • 図書館
  • オープンラーニングセンター
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中