イベント

  1. ホーム
  2. イベント
  3. 公開報告会「大縮尺図から見た近代京都への接近 ―大正・昭和初期の京都と地図―」開催

公開報告会「大縮尺図から見た近代京都への接近 ―大正・昭和初期の京都と地図―」開催

公開報告会「大縮尺図から見た近代京都への接近 ―大正・昭和初期の京都と地図―」開催

近代京都プロジェクトは、明治期~昭和前期にかけて作成された大縮尺地図に記載された地理的情報と近代京都における社会経済的情報とを結合させたデータベースの構築を目指し、プロジェクト期間3年間で様々な大縮尺地図の資料的分析と地理的情報の抽出、社会経済的情報の空間的・時系列な整理を進めてきました。プロジェクト最終年次最後の研究会はこれまでの成果に基づき、「大縮尺図から見た近代京都への接近」をテーマに、研究成果報告会として開催いたします。

◆開催概要
【日時】2016年2月27日(土曜)15:00~18:00(受付14:30~)
【場所】佛教大学紫野キャンパス 第3会議室(1号館1階)
    参加費無料・申込み不要
【定員】50名
【主催】佛教大学総合研究所共同研究「近代京都における都市空間情報のデータベース化とその利用に関する研究」プロジェクト

◆プログラム
 講  演    山田  誠(龍谷大学文学部教授)
        「3000分の1都市計画図に見る1920~30年代の京都」

 研究成果発表  渡邊 秀一(佛教大学歴史学部教授/研究代表)
        「『京都市明細図』ベースマップの作成・修正の時期とその背景」
         木村 大輔(佛教大学非常勤講師/嘱託研究員)
        「昭和6年における京都市中心部の宅地利用状況」

【お問い合わせ】
佛教大学総合研究所 
E-mail:soken@bukkyo-u.ac.jp



               開催要項表面pdf(1.99MB)            
          上記の画像をクリックしていただくと拡大表示します。

  • ぶったんWEB
  • 図書館
  • オープンラーニングセンター
  • 宗教文化ミュージアム
  • FIND! WEB 入試情報サイト
  • 佛教大学通信教育課程
  • 研究活動報manako
  • オリジナルグッズ販売中