ここから本文です

社会福祉学部

社会福祉学部の教育研究上の目的

社会福祉学部では、使命と目的に基づいて、以下のように具体的な教育研究上の目的を設定しています。

人材養成の目的

  1. 建学の理念に基づき、自己をみつめ他者への深い理解を心がけ、多様な人々とともに生きる知識と作法をもった人材を養成する
  2. 歴史的に人類が追求してきた共同の意義と現代社会における福祉の意義と課題をとらえ、理念と思想に支えられた実践力あふれる人材を養成する
  3. 社会福祉、保育を中心に教育、行政、企業などのさまざまな分野で、社会問題への認識にもとづいた共感的理解、個人の尊重、社会正義を基本に乳幼児期から青年期、高齢期まですべての人々の生活と発達を援助できる人材を養成する
  4. 差別や抑圧のない平和で安全な社会を推進するための知識と教養を身につけた市民社会の担い手を養成する

その他の教育研究上の目的

1)教育

  1. 社会福祉を学ぶ基礎的な力を形成し、深く社会や人間を理解するための教育課程を提供する
  2. 社会福祉の多様な展開や仕組みづくりを学修し、より実践的な力を身につけながら資格取得に結びつけることができる課程を提供する
  3. 現場との共同に基づく、幅広く重層的な学修教育支援プログラムを提供する
  4. 専門領域に応じたキャリア指導を入学時から卒業時までの中で体系的に進める

2)研究

  1. 福祉・保育・医療現場や行政機関、地域との共同研究を進める
  2. 研究成果に基づき、高い専門性を有した福祉専門職の養成に資する研究を進める
  3. 教育に還元するために、関連領域の国際的な研究成果に広く学び研究を進める

3)社会貢献

  1. 福祉関連領域だけでなく福祉を理解した幅広い分野で活躍できる人材を輩出し、社会に貢献する
  2. 福祉現場の現任研修・リカレント教育を含む人材育成に貢献する
  3. 実践的な学びを通して地域の活性化やまちづくりの支援に貢献する

▲ページのトップヘ

社会福祉学部の教育方針(三つのポリシー)

社会福祉学部では、教育研究上の目的を達成するために、ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)を以下の通り定めます。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

  1. 建学の理念に基づき、自己覚知、他者理解のための教養と専門知識、多様な人々とともに生きる知識と作法を身につけている
  2. 人間の共同についての歴史的な理解と現代社会における福祉の意義と課題をとらえ、社会のさまざまな領域で活かすことができる実践力を身につけている
  3. 社会問題への認識を深め、他者を共感的に理解できる姿勢をもち、個人の尊重や社会正義を理解し、社会生活のさまざまな分野で活かすことができる
  4. 市民として、差別や抑圧のない平和で安全な社会に関する知識と教養を身につけている

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 全学共通科目・全学教養科目の学修と関連させ、社会福祉学の専門学修のうえで基本認識となる社会のとらえかた、人間理解と実践のありかた、人権に関する基幹科目をおく
  2. 社会福祉学の基礎理論を重視し、福祉問題の現実とその政策的解決や実践的解決を結びつけて学修できるよう、また医療・教育・まちづくりなど関連領域との広がりの中で学修できるよう、分野論、実践論、制度論にわたる体系的な教育課程を提供する
  3. 演習系科目における少人数教育を実施し、教員の指導・援助のもとに、学生1人ひとりが主体的かつ共同して探求する力をはぐくむ教育課程を提供する
  4. 現場との共同により、専門的知識体系を実践的にも学修することができる教育課程を提供する
  5. 将来の進路、キャリア形成に応じ免許・資格の取得に結び付く科目を含んだ課程を編成する

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

社会福祉学部が求める学生像

  1. 自らの可能性を広げ、目標に向かって努力することができる人
  2. 社会福祉と人間の生涯の発達について関心をもち、現在の社会・生活・教育に関する問題の解決に向けた具体的な方策に関心をもっている人
  3. 多様な他者との関わりから学び、また自ら主体的に学ぶことを通して、社会に貢献しようとする姿勢をもっている人
  4. 社会福祉学を学ぶ基礎となる読解力、歴史や現代社会についての基本的な知識や関心をもつ人

▲ページのトップヘ

大学紹介