教育学部

学部の特色

人と関わり、人を支える
豊富な現場体験を重視

教育学部 イメージ

よりよい社会の実現に向けて“人に向き合う”職業に携わる人材の育成を目指します。学部長 山口 孝治(YAMAGUCHI Kohji)

教育学部は,教育学科と臨床心理学科の2つの学科から構成されています。両学科に共通しているのは,将来“人と向き合う”職業に携わる人材の育成を,主な目的としている点です。教育学科では小学校教員をはじめ複数の校種や教科の教員免許が取得でき,臨床心理学科では公認心理師や臨床心理士(大学院への進学が必要)の資格が取得できます。これまで両学科とも卒業生の多くが,学校現場やカウンセリングが必要とされる現場で活躍しています。

こうした分野で活躍できる人材の育成については,今後益々,社会的要請が強くなるものと考えられます。学校現場やカウンセリングが必要とされる現場は,楽しいことばかりではなく,複雑な要因が絡み合った対応の難しい場面が多く認められます。そのため,両学科のカリキュラムには,理論的な内容と実習や演習を充実させた内容の科目を配置しています。それにより,学生一人ひとりが「理論-実践」の往還を通して,現場で生きて働く実践力を培うことをサポートしていきます。

教育学部教員一覧