英米学科

異文化世界に通じる高度な英語力を獲得する。

世界中の人たちと理解しあって仲良くなる「Global Partnership(グローバルパートナーシップ)」の実践を目標に、国際社会で通用する英語力と異文化に対する理解力を養います。「読み・書き・聴き・話す」英語を身につけるだけに終わることなく、英語圏の文化や人々の考え方を理解するための科目まで、卒業後の可能性を最大限に拡大する多彩な科目を用意。短期・長期の研修・留学プログラムも実施しています。

英米学科オリジナルサイト

英米学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ
  • 通信教育
  • 英米学科の4年間

学びのポイント

2つのコース科目から専門科目を自由に選択少人数で英語力を高める

1・2年次の語学系科目は、英語テストスコアに基づいてクラス分けし、15~20名の少人数で効果的に英語力を高めます。2年次からは〈英語コミュニケーション系〉と〈英語文化系〉のコース科目群から、興味や進路に合わせて両系統の科目を自由に選択。幅広く履修しながら語学力に磨きをかけます。さらに世界の出来事を知り、考えることによって問題を発見し、問題解決能力を身につけます。

英語の活用能力と国際感覚を磨く単位互換の留学プログラム

オーストラリア・メルボルン市にあるディーキン大学で語学力を磨く留学プログラムです。春学期もしくは秋学期の約半年間、全日程ホームステイで実施。留学中に取得した単位は卒業単位として認定するため、4年間で卒業が可能です。

小学校で英語教育が本格化「免許併修」制度で小学校教員の道も

1年次から発展科目の「英語教育入門」など、中学校・高等学校の英語科教員養成のための科目を開講。指導法を体系的に学び、英語教育における実践力を養います。「免許併修」制度を利用すれば、小学校教員免許状の取得も可能で、毎年、小学校教員採用試験の現役合格者を出しています。

TOEIC®スコアアップにも役立つネイティブ教員による科目も配置

「読み・書き・聴き・話す」の4領域にわたる語学科目、高度なコミュニケーション能力を養う科目、英語圏の文化について理解する科目などをバランスよく配置。強化したい分野、興味のある分野に焦点を当てて学べます。より英語力を高めたい人のために、「英語で授業」を基本とするネイティブ教員による「Advanced Seminar」「Advanced Lecture」も開講。それぞれの習熟度にあわせてクラス分けし、英語でのディスカッションやプレゼンテーションを通じて、「使える英語」を身につけます。TOEIC®などのスコアアップをめざす人、英語力をより高めたい帰国生徒にも最適です。

教育の方針

身につける力
(ディプロマポリシーの概要)

  • 国際社会で通用する基礎的英語能力、英語圏の文化についての専門的な知識、異文化に対する理解力。
  • コミュニケーション系選択者は自由に自己表現できる英語力、文化系選択者は高度な研究能力。

カリキュラムの特色
(カリキュラムポリシーの概要)

  • 「読み・書き・聞き・話す」の4領域にわたる語学科目、高度な英語コミュニケーション能力を養う科目、英語圏の文化に関する知識を養う科目を開講しています。
  • 海外でも通用する英語力を修得するための科目、また実践的なコミュニケーション力養成の一環として、英語圏での短期・長期の研修・留学プログラムも設けています。
  • TOEIC・TOEFLなど検定試験対策や英語科教員の免許状取得のための科目、さらに教員としての教育力を高める体系的な英語教育科目も開講しています。

取得可能な教員免許状・資格

教員免許状

  • 英語/中学校1種・高校1種
  • 特別支援学校1種

資格

  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 浄土宗教師
  • 浄土宗開教師
  • 浄土宗社会教化主事
  • レクリエーション・インストラクター
  • 初級地域公共政策士
  • グローカルプロジェクトマネージャー(GPM)
  • 年間の履修登録単位数に上限があるため、取得できる教員免許状・資格の数には制限があります。
  • 教員免許状・資格の取得にあたっては、所定科目の履修が必要です。
  • 併設されている通信教育課程を併修することにより、小学校1種などの他学科指定の教員免許状も取得可能です。