理学療法学科

体験と実践を繰り返し臨床現場の即戦力をめざす。

超高齢化社会の到来や健康意識の高まりにより、保健や福祉の分野でリハビリテーションの専門職へのニーズが拡大しています。
理学療法学科では、最新設備と経験豊かな教員を配置した実践的な教育環境のもと、充実したカリキュラムと実習により専門知識と技術、理学療法を理論的に展開する能力を育成。
さまざまな分野に対応できる人材を輩出しています。

理学療法学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ
  • 卒業生からのメッセージ

学びのポイント

POINT 01

1学年40人といった少人数制により、4年間を通して細やかで丁寧な専門教育を行っています。

POINT 02

理学療法士に求められる高度な知識や技術を効率よく習得するために、学科基礎科目から関連科目まで段階的なカリキュラムを構築しています。

POINT 03

超音波装置や三次元動作解析装置などの最新の機器を用いて、学内での実習や演習を行っています。

POINT 04

高齢者に対する地域リハビリテーションからスポーツまで、特定の分野に偏らない多様な領域に関する教育を行っています。

POINT 05

人を対象とした実学であることを重視し、臨床現場で求められるスキルとリハビリテーションマインド(人を支える心)を育むことに力を入れています。

取得可能な資格

資格

  • 理学療法士(国家試験受験資格)