理学療法学科

体験と実践を繰り返し臨床現場の即戦力をめざす。

超高齢化社会の到来や健康意識の高まりにより、保健や福祉の分野でリハビリテーションの専門職へのニーズが拡大しています。
理学療法学科では、最新設備と経験豊かな教員を配置した実践的な教育環境のもと、充実したカリキュラムと実習により専門知識と技術、理学療法を理論的に展開する能力を育成。
さまざまな分野に対応できる人材を輩出しています。

理学療法学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ
  • 卒業生からのメッセージ

学びのポイント

経験豊富な教員による少人数教育

1学年40名定員の少人数制で、学生一人ひとりをきめ細かく指導します。豊富な臨床経験をもつ教員が講義から実習指導までを担当することにより、理学療法の専門技術だけでなく、保健医療に関わる幅広い知識を習得していきます。

基礎から確実に身につける段階的学び

1年次には解剖学や生理学などの基礎医学を学び、それらの知識を2年次からの実習や演習で実践的に習得し、心身の状態を知る評価法なども学びます。さらに3年次には疾患別の理学療法を身につけ、4年次にはこれまで学んだ知識と技術を臨床現場で実践し、理学療法士に必要な力を段階的に身につけます。

2年次から始まる臨床実習で着実にスキルアップ

専門的な理学療法の知識や技術を身につけるには、充実した臨床教育が不可欠です。理学療法学科では、1年次に習得した知識をもって2年次に「臨床基礎実習」で病院などの施設を見学。「臨床評価実習」(3年次)と「総合臨床実習」(4年次)では、現場の理学療法士の指導のもと、より高度で専門的な技術を習得します。実習は、チーム医療の一員としての役割に気づくとともに、幅広い年代の人と意思疎通を図るコミュニケーション能力を高める絶好の機会です。理学療法学科では実習前後の指導に力を入れ、一人ひとりの課題に対応。成長が実感できる有意義な臨床経験をサポートしています。

教育の方針

身につける力
(ディプロマポリシーの概要)

  • 理学療法に関する最新の知識と技術を理解する能力。理学療法に関する体験や実践を通して得た情報を整理し応用する能力。
  • 理学療法に関する専門的知識と技術を習熟する能力。理学療法士として必要な治療技術および企画力、円滑な対人交流を行う能力。

カリキュラムの特色
(カリキュラムポリシーの概要)

  • 脳血管疾患領域、運動器疾患領域、呼吸・循環器疾患領域、変性疾患領域に関する科目を通して、理学療法士の国家試験に合格しうる専門的知識を養います。
  • 理学療法に関連する各種評価・治療に関する科目および福祉機器、住環境整備、就労支援等に関する科目を開講しています。
  • 心身機能、日常生活、社会適応、治療技術に関する演習および学外医療施設等における総合臨床実習を通して、理学療法の実践場面に対応しうる能力を養います。

取得可能な資格

資格

  • 理学療法士(国家試験受験資格)

学部・大学院