臨床心理学科

「心」の現象を理解し、「心」に寄り添う人材になる。

臨床心理学は、悩みや生きにくさを抱えている人の精神的健康の回復を目的に、研究と実践を通して「人間を理解し援助する」学問です。
臨床心理学科では、一人ひとりが主体的に学べるよう、少人数のクラス編成による授業を多く設けています。社会の事象と個人を取り巻く環境を理解しながら、人の「心」に寄り添える、社会に貢献できる人材を育成します。

臨床心理学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ
  • 卒業生からのメッセージ

学びのポイント

さまざまな領域を学ぶ4つの科目系

基礎から発展まで、4年間で臨床心理学をじっくり学ぶことができるようカリキュラムを構成しています。1年次には心理学と臨床心理学の基礎を学び、2年次からは4つの領域に分類された科目系を選択。関心に応じた科目を選び、段階的に知識を習得していきます。各領域の科目系には、臨床心理学科の教員陣ならではのユニークな科目が用意されており、1つの考え方に偏ることなく幅広く学べるのも大きなメリットです。

経験豊かな教員陣による実践教育

専任教員は、臨床心理士または医師の資格を持つプロフェッショナル。さまざまな専門性をもとに具体的に心のケアを行う専門家が、豊富な臨床経験を生かした指導を行っています。また1年次の「入門ゼミ」や2年次の「臨床心理文献演習」など、各学年でゼミ形式の授業を実施。1学年60名程度の少人数教育で、一人ひとりの興味に応えながら、人の心に寄り添う力を養います。

臨床心理士や教員・一般企業など多彩な進路

心の支援活動や心の健康教育に注目が集まる今、さまざまな分野で臨床心理の専門知識を持つ人材が求められています。そこで臨床心理士をめざす人には、臨床心理学専攻の大学院進学のための基礎科目や実験・実習科目を、教員をめざす人には教員免許状取得に必要な科目を、一般企業就職を考えている人には社会で役立つ実践応用科目を用意。目標に応じて学べるよう配慮しています。

教育の方針

身につける力
(ディプロマポリシーの概要)

  • 臨床心理学の理論と臨床心理学的援助の基礎を修得し、人間理解において理論知と実践知を総合できる柔軟な知識。
  • 心理的援助者に必要な基本的態度、研究能力、論文作成能力、実践力。大学院進学に必要な基礎力。

カリキュラムの特色
(カリキュラムポリシーの概要)

  • 臨床心理学の理論と実践がバランスよく学べるカリキュラムを編成。各教員の豊富な臨床経験に基づいた、実践に役立つ理論、理論に基づいた実践を学ぶ科目を多数開講しています。
  • 「心理臨床系」「発達臨床系」「査定・実習系」「領域探求系」のコース科目を設定。大学院進学に対応した科目や専門知識を社会で広く役立てるための実践応用科目も開講しています。
  • ゼミ形式の少人数授業を数多く設定。心理的援助のための基本的態度を養う実習も豊富に提供しています。教員免許状や諸資格の取得も可能です。

取得可能な教員免許状・資格

教員免許状

  • 社会/中学校1種
  • 公民/高校1種
  • 特別支援学校1種

資格

  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 浄土宗教師
  • 浄土宗開教師
  • 浄土宗社会教化主事
  • レクリエーション・インストラクター
  • 初級地域公共政策士
  • グローカルプロジェクトマネージャー(GPM)
  • 年間の履修登録単位数に上限があるため、取得できる教員免許状・資格の数には制限があります。
  • 教員免許状・資格の取得にあたっては、所定科目の履修が必要です。
  • 併設されている通信教育課程を併修することにより、小学校1種などの他学科指定の教員免許状も取得可能です。
  • 大学院教育学研究科に開設されている<臨床心理学専攻>は、「臨床心理士資格に関する第1種指定大学院」です。修士課程の修了と同時に臨床心理士試験の受験資格を取得することができます。

学部・大学院