現代社会学科

現代社会のさまざまな問題を多角的に分析する力を養う。

毎日のニュースで流れるさまざまな社会問題や、家族、学校、職場、地域にあふれる身近な社会現象などを多角的に観察・分析できる幅広い視野と能力を育成。
少人数制のクラスで、多彩な科目をバランスよく学ぶことにより、共生社会に貢献する力、情報社会において必要とされる情報リテラシーやコミュニケーション能力を養います。

現代社会学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ ゼミ紹介
  • ピックアップ プロジェクト演習
  • 卒業生からのメッセージ

学びのポイント

幅広い研究領域と学びのテーマ

〈文化・国際〉〈共生・臨床社会〉〈情報・メディア〉の3領域にわたるコース科目は、社会学の研究領域をほぼ網羅しています。例えば、民族、貧困、食糧などの人類共通の諸問題、高齢化、格差、差別などの社会問題、アニメやアイドルといった社会現象など、扱う対象は普遍的なテーマから現代的なテーマまで多種多様。1つのテーマを多面的に見つめることで、問題点を浮き彫りにします。主なコースを1つ選びますが、コースを越えての履修も行います。

社会に目を向けて研究課題を自ら見つけ、情報収集から提案までの力を養成

現代社会が抱えるさまざまな課題から、興味や関心のあるテーマを選択します。どんな内容でも学びにつながるのが本学科の大きな特徴です。学びたい内容に応じて科目を選んで専門性を高め、同時に情報収集力、データ分析力、文章力、表現力、プレゼンテーション力など、問題解決に必要な力を養成します。幅広い領域に目を向けたり、特定の事象を掘り下げたりと、学び方も自由。多様な専門分野の教員が、一人ひとりの学びをきめ細かくサポートします。

教育の方針

身につける力
(ディプロマポリシーの概要)

  • 社会学の基礎的知識。社会現象や社会問題に対する柔軟な見方。異文化への開かれた態度と的確な判断能力。
  • 社会現象に対する幅広い知見。共生社会の実現に寄与する力。情報社会において必要とされる情報リテラシー能力・コミュニケーション能力。

カリキュラムの特色
(カリキュラムポリシーの概要)

  • 社会現象や社会問題に対する柔軟な見方を養うため、学生自身が手を動かし、足を運び、討議する、各種の実習科目・演習科目を開講しています。
  • グローバル化する世界と国内外の多様な文化、現代社会における人間と個人、共生社会の形成、情報社会の多様なコミュニケーションなどに関する科目を多彩に開講しています。
  • メディアの活用方法の修得を通して、情報収集能力、情報発信力を高める科目を開講。学科の専門領域に応じた教員免許状や諸資格取得のための科目も開講しています。

取得可能な教員免許状・資格

教員免許状

  • 社会/中学校1種
  • 地理歴史/高校1種
  • 公民/高校1種
  • 情報/高校1種
  • 特別支援学校1種

資格

  • 年間の履修登録単位数に上限があるため、取得できる教員免許状・資格の数には制限があります。
  • 教員免許状・資格の取得にあたっては、所定科目の履修が必要です。
  • 併設されている通信教育課程を併修することにより、小学校1種などの他学科指定の教員免許状も取得可能です。

学部・大学院