現代社会学科

現代社会のさまざまな問題を多角的に分析する力を養う。

毎日のニュースで流れるさまざまな社会問題や、家族、学校、職場、地域にあふれる身近な社会現象などを多角的に観察・分析できる幅広い視野と能力を育成。
少人数制のクラスで、多彩な科目をバランスよく学ぶことにより、共生社会に貢献する力、情報社会において必要とされる情報リテラシーやコミュニケーション能力を養います。

現代社会学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ ゼミ紹介
  • ピックアップ プロジェクト演習
  • 卒業生からのメッセージ

学びのポイント

アクティブラーニングの充実

アクティブラーニングの充実に努めます。授業では学生が報告・討論することが求められます。授業は教員の指導の下に学生同士が学びあう場です。そのためには予習や復習で文献資料を熟読し、知識を高めておくことが必要です。しかし、高校までのように、予習・復習用のマニュアル(参考書)はありません。学生ひとりひとりが自分自身の学習スタイルを見つけていくことが、アクティブラーニングの基本になります。

資格プログラムの提供

学生は学内外での実践的な学びを通して社会調査の技法を習得し、地域連携や企業連携を促進するための資格を取得することができます。社会調査士資格やグローカル・プロジェクト・マネジャー資格は、2・3年次の2年間で取得可能です。また、現代社会学科と公共政策学科の学生が同じクラスで学びあうことも特徴です。
いろんな意見を出し合いながら社会に役立てることができる専門的な知識と技能を身につけましょう。

社会調査士

社会調査に関する基礎的な知識と技能、また実践的な応用力と倫理観を身につけた人材のこと。社会調査士資格は一般財団法人社会調査協会より認定を受けます。

グローカル・プロジェクト・マネジャー(GPM:Global Project Manager)

グローバルな視点で物事を考える能力と、地域経済・地域社会(ローカル)の持続的発展を支える公共マインドを兼ね備えた人材のこと。GPM資格は特定非営利活動法人グローカル人材開発センターより認定されます。

幅広い研究領域と学びのテーマ

〈文化・国際〉〈共生・臨床社会〉〈情報・メディア〉の3領域にわたるコース科目は、社会学の研究領域をほぼ網羅しています。例えば、民族問題、貧困、食糧危機などの国際社会が歴史的に直面してきた課題、高齢化、格差の拡大、差別などの社会問題、アニメやアイドルといったポップカルチャーなど、扱う対象は多種多様。1つのテーマを多面的に見つめることで、問題点を浮き彫りにします。主なコースを1つ選びますが、コースを越えての履修も行います。

文化・国際コース

国際関係や紛争・テロなどに、歴史や文化、宗教の多様性という観点からアプローチ。人々の意識や知識のあり方にも着目します。

共生・臨床社会コース

少子高齢化の背景、格差社会を是正する道筋など、身近な諸課題を掘り下げながら、共生社会の可能性を模索します。

情報・メディアコース

国際化・情報化が進むなか、改めてコミュニケーションやメディアのあり方に着目。ポップカルチャーなども研究対象になります。

取得可能な教員免許状・資格

教員免許状

  • 社会/中学校1種
  • 地理歴史/高校1種
  • 公民/高校1種
  • 情報/高校1種
  • 特別支援学校1種

資格

  • 年間の履修登録単位数に上限があるため、取得できる教員免許状・資格の数には制限があります。
  • 教員免許状・資格の取得にあたっては、所定科目の履修が必要です。
  • 併設されている通信教育課程を併修することにより、小学校1種などの他学科指定の教員免許状も取得可能です。