日本文学科

多くの本物に触れて本物をめざす。

日本文学・日本語学・書道文化に関する質の高い専門的知識を身につけ、卒業後、教育や出版など幅広い分野に生かすことを目標としています。
1年次から、本物の文献などに触れる原典体験をはじめ、実技・演習を取り入れた専門教育を展開。
地域の歴史・文化と文芸の関わりを理解する科目や、異文化理解を深め、総合的教養を身につける科目も開講しています。

日本文学科 アイキャッチ画像
2019年新カリキュラムはこちら
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ1
  • ピックアップ2
  • 卒業生からのメッセージ

学びのポイント

1年次からのゼミをはじめ、本物に触れる専門教育

版本や写本を読みこなす能力を養い、古典籍の実物に触れる実習科目、小説やエッセイといった近・現代文学を読み解く科目などを早い段階から履修。また少人数のゼミを1年次より受講し、専門性を深めていきます。

プロから学び進路を広げる正課科目「キャリアプログラム」

希望の進路に向けてキャリアアップを図ることを目的に開講する「キャリアプログラム」。現役シナリオライターや作家、編集者、中学校・高校の教員経験者などによる実践的な講義が特色です。卒業後の実務に直結する5つの系列のプログラムを用意しています。

国語や書道教員免許状が取得可能

中学校・高校の国語および書道教員免許状の取得がめざせます。書道では経験・実績ともにトップレベルの教員が指導。理論を理解したうえで、篆・隷・楷・行・草・かな・漢字かな交じりについて、古典の臨書から創作まで学べます。流派にとらわれずに書道展に出品できるのも大きな特徴です。

教育の方針

身につける力
(ディプロマポリシーの概要)

  • 日本語学、日本文学、書道文化に関する専門的な知識。その専門知識を教育や出版をはじめ幅広い分野で生かしていける実践力。
  • 地域の歴史・文化と文芸の関わりに関する知識と見識。日本の文化と異文化を相対的に把握でき、国際社会の中で適切に自己主張できる力。

カリキュラムの特色
(カリキュラムポリシーの概要)

  • 日本語学、日本文学、書道文化について、基礎から専門まで体系的に学ぶことができます。また、地域の歴史や文化と文芸の関わりについて理解を深める科目も開講しています。
  • 卒業後の主要な進路に対応したキャリアプログラム科目、また「国語」「書道」の教員免許状取得に必要な科目も開講しています。
  • 異文化理解を深める科目、世界の多様性を理解する科目、社会人として必要な総合的教養を身につけるための科目も開講しています。

取得可能な教員免許状・資格

教員免許状

  • 国語/中学校1種・高校1種
  • 書道/高校1種
  • 特別支援学校1種

資格

  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 浄土宗教師
  • 浄土宗開教使
  • 浄土宗社会教化主事
  • レクリエーション・インストラクター
  • 初級地域公共政策士
  • グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)
  • 年間の履修登録単位数に上限があるため、取得できる教員免許状・資格の数には制限があります。
  • 教員免許状・資格の取得にあたっては、所定科目の履修が必要です。
  • 併設されている通信教育課程を併修することにより、小学校1種などの他学科指定の教員免許状も取得可能です。

学部・大学院