日本文学科

多くの本物に触れて本物をめざす。

日本文学・日本語学・書道文化に関する質の高い専門的知識を身につけ、卒業後、教育や出版など幅広い分野に生かすことを目標としています。
1年次から、本物の文献などに触れる原典体験をはじめ、実技・演習を取り入れた専門教育を展開。
地域の歴史・文化と文芸の関わりを理解する科目や、異文化理解を深め、総合的教養を身につける科目も開講しています。

日本文学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ1
  • ピックアップ2
  • 卒業生からのメッセージ

学びのポイント

古典から近・現代まで幅広い文学作品が学べる

奈良時代以来、現代に至るまでさまざまな時代の文学作品を読み解き、それらの歴史的背景や文化的状況を視野に入れつつ、今日を生きる私たちにとって文学が持つ意味を多角的に探究し、現代社会で生きていく力を育成します。日本文学史の諸領域を学ぶため、各分野の専門家を配置し、その環境を整えています。

江戸時代までの版本や写本を読みこなす能力を身につける

主に明治以前の古典籍の特徴をつかむため、原本を用いた書誌学実習を行います。古典籍に用いられたくずし字(変体仮名を含む)を解読し、ジャンルごとの造本形式の違いも把握します。初年次より古典籍の現物に触れ、それを読みこなす能力および調査能力の基礎をいち早く習得します。

楷書や行書などの実習を通して、書道の基本的な知識や技術を身につける

段階別に用筆法、結構法を中心に書道の基本的な知識と技術を身につけ、中学校の書写、高等学校の書道の指導ができる実力を養います。古典の臨書を通して書風の違い及び楷書と行書の違いについて理解します。そのため、経験や実績が豊富な教員が指導にあたります。

古典から近・現代までさまざまな作品に登場する「京都で学ぶ」

フィールドワーク(実地調査)を実施する授業が設けられています。文学作品内で立ち寄られた地点や交通手段など、調査テーマを定めて再現を試みます。実際に文学作品が描き出した舞台を訪れ、作者や登場人物の心情や歴史的背景に迫ることがその狙いとするところです。

日本語・日本語教育について、専門的な知識を身につける

音声音韻・文字表記・語彙・文法等多角的な視点から日本語を分析します。また、こうした分析の成果を踏まえ、海外のさまざまな人々に日本語の魅力を伝える日本語教育を行う能力を養うことが出来ます。そのため、日本語の専門研究者及び日本語教育の経験や実績が豊富な教員が指導にあたります。

取得可能な教員免許状・資格

教員免許状

  • 国語/中学校1種・高校1種
  • 書道/高校1種
  • 特別支援学校1種

資格

  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 学校司書
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 浄土宗教師
  • 浄土宗開教使
  • 浄土宗社会教化主事
  • レクリエーション・インストラクター
  • 初級地域公共政策士
  • グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)
  • 年間の履修登録単位数に上限があるため、取得できる教員免許状・資格の数には制限があります。
  • 教員免許状・資格の取得にあたっては、所定科目の履修が必要です。
  • 併設されている通信教育課程を併修することにより、小学校1種などの他学科指定の教員免許状も取得可能です。