歴史文化学科

有形・無形のモノから真実を解き明かす。

文献や遺物はもちろん、行事、祭礼、芸能、芸術、民話など、さまざまな形で今に残る有形・無形のモノ(史料)から真実を追究。現場を歩く・見る・聞く・感じる・考えるフィールドワークを核に、時間と場所の両面から、過去から現代に至る人間の営みを探求します。歴史を身近に感じられる京都というロケーションは、調査や研究に有利なだけでなく、学習意欲を高めてくれます。

歴史学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ
  • ガイドブック
  • 卒業生からのメッセージ

学びのポイント

歴史が残したメッセージを現場で読み解く4コース

文献や遺跡はもちろん、町並み、祭礼、芸能、芸術、神話・伝承など、さまざまな形で今に残る有形・無形のモノ(資料)から歴史文化を追究。現場を歩く・見る・聞く・感じる・考えるフィールドワークを核に、時間と場所の両面から、過去から現代に至る人間の営みを探究します。歴史を身近に感じられる京都というロケーションは、調査や研究に有利なだけでなく、学修意欲を高めてくれます。

教育の方針

身につける力
(ディプロマポリシーの概要)

  • 自己と自己を取り巻く社会・文化を直視し、客観的に理解できる力。個人・社会・文化等の時間的・空間的な多様性や関係性を理解できる力。
  • 広い歴史知識と専門性に裏打ちされた洞察力・判断力。現代社会と向き合いながら問題解決のために能動的に実践する力。

カリキュラムの特色
(カリキュラムポリシーの概要)

  • さまざまな地域や時代の人々が残した有形・無形の文化を通して、過去から現代に至る人間の営みを見つめる非文献史学の研究方法を中心とする専門教育を行います。
  • 「考古学・地理学」「民俗学・文化人類学」「芸術文化」「京都学」の各コース科目を設定。充実した演習およびフィールドワーク系の科目も設けています。
  • 世界史的視点から歴史への理解を深める文献史学系科目、教員免許状・資格取得のための科目も開講。全学年にゼミ形式の授業を設定し、少人数によるきめ細かな指導を行います。

取得可能な教員免許状・資格

教員免許状

  • 社会/中学校1種
  • 地理歴史/高校1種
  • 公民/高校1種
  • 特別支援学校1種

資格

  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 浄土宗教師
  • 浄土宗開教使
  • 浄土宗社会教化主事
  • レクリエーション・インストラクター
  • 初級地域公共政策士
  • グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)
  • 年間の履修登録単位数に上限があるため、取得できる教員免許状・資格の数には制限があります。
  • 教員免許状・資格の取得にあたっては、所定科目の履修が必要です。
  • 併設されている通信教育課程を併修することにより、小学校1種などの他学科指定の教員免許状も取得可能です。

学部・大学院