歴史文化学科

有形・無形のモノから真実を解き明かす。

文献や遺物はもちろん、行事、祭礼、芸能、芸術、民話など、さまざまな形で今に残る有形・無形のモノ(史料)から真実を追究。現場を歩く・見る・聞く・感じる・考えるフィールドワークを核に、時間と場所の両面から、過去から現代に至る人間の営みを探求します。歴史を身近に感じられる京都というロケーションは、調査や研究に有利なだけでなく、学習意欲を高めてくれます。

歴史学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ
  • ガイドブック
  • 卒業生からのメッセージ

学びのポイント

柔軟なカリキュラム

歴史文化学科は、歴史文化の特性に即して地域文化・民俗文化・芸術文化の3つの領域からなります。自らが興味を抱く問題がどの領域の学びなのかを考え、さらには他の領域へも学びを広げることにより幅広い知識の習得をめざします。

段階的・実践的に学ぶ

各領域の学びは文化資料について学ぶ演習や特講とともにフィールドワークがセットになっています。各領域ともに段階的な学びを進めながら専門性を高めるとともに、他の領域についても学びを広げます。

現場での学びを重視

歴史文化学科では、特に現場での学びを重視します。見学研修やフィールドワークなど学外での授業は、さらに高度なフィールドワーク発展演習、ワークショップ実習へとつながり、より実践的な内容を学ぶ科目へと展開しています。

発信力を鍛える

各年次に設定されたゼミでの学習は、発言と議論を重視します。授業やフィールドワークで得た知見を自らの言葉でまとめ発信する力を養います。

実践力を育む学び

学びの成果は、免許・資格に関する学び(キャリアプログラム)や京都学や高度専門学修(エクステンションプログラム)を通じて実践的な力へと発展させます。

取得可能な教員免許状・資格

教員免許状

  • 社会/中学校1種
  • 地理歴史/高校1種
  • 公民/高校1種
  • 特別支援学校1種

資格

  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 学校司書
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 浄土宗教師
  • 浄土宗開教使
  • 浄土宗社会教化主事
  • レクリエーション・インストラクター
  • 初級地域公共政策士
  • グローカルプロジェクトマネジャー(GPM)
  • 年間の履修登録単位数に上限があるため、取得できる教員免許状・資格の数には制限があります。
  • 教員免許状・資格の取得にあたっては、所定科目の履修が必要です。
  • 併設されている通信教育課程を併修することにより、小学校1種などの他学科指定の教員免許状も取得可能です。