作業療法学科

患者さんの生活に寄り添うプロになる。

高度な知識と技術を有し、チーム医療の一翼を担う協調性と、コミュニケーション能力を備えた人材が求められています。
作業療法学科では、最新設備の整った教育環境と1学年40名の少人数制で、臨床経験豊富な教員が一人ひとりをきめ細かく指導。
さまざまなニーズへの柔軟な対応力と企画力、患者さんとその家族を理解し、支援する豊かな人間性を養っています。

作業療法学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ
  • 卒業生からのメッセージ

学びのポイント

基礎作業学

作業療法の核となる「作業」とは何か、作業が人に与えるものとは何かをグループワークを中心に学びます。

感覚・運動系治療学

脳や脊髄の病気、骨•関節の損傷によって起こる症状を理解し、作業療法の具体的方法について学びます。

発達系評価学演習

発達の基本的概念を理解し、定型発達を詳細に学びます。そのうえで作業療法実施の基礎になる評価を、グループワークを行いながら習得していきます。

地域作業治療学

作業療法士は、さまざまな疾患や障がいとともに地域で生活されている方々のその人らしく人生を送るための支援を、必要な知識基盤に基づいて実践的に日常生活指導、住宅改修・福祉機器などの環境調整、仕事・余暇活動の援助を実施します。対象者、家族のみならず幅広く地域への働きかけも視野に入れたアプローチを学びます。

日常生活援助論演習

義肢・装具に関する定義、適応、分類、使用目的について理解を深めるとともに、作業療法士の義肢装具適応患者に対する役割を理解します。また、手の外科全般およびそのリハビリテーションに関する知識を習得し、臨床場面における作業療法で応用できる基礎的な技術を身につけます。実際の授業では、義肢・装具に関しての講義、実際の義肢・装具装着体験、装具制作の体験を通じて基礎知識を習得します。

取得可能な資格

資格

  • 作業療法士(国家試験受験資格)