文学部

学部の特色

さまざまな“ことば”を体験し
さまざまな文化を理解する

文学部 イメージ

言語と文化への理解を通して、日本と世界のつながりを考えます。 学部長 鵜飼 光昌(UKAI Mitsuaki)

文学部は、日本文学科・中国学科・英米学科の3学科から成っています。
日本文学科は上代から現代までの文学をはばひろく学び、日本語学を考究し、書道文化への理解を深めます。そしてそこからえられた専門知識を生かす実践の力を身につけていきます。
中国学科・英米学科は、ともにコミュニケーションを重視し、希望すれば中国語圏・英語圏での長期の海外留学や海外研修のプログラムに参加する道も開かれています。また各種の検定試験も学内で実施し、他人とコミュニケートする能力の向上につとめます。
人間は「ことば」によって世界を知り、考え、表現をします。文学部においては、時間でいえば古代から現代まで、分野でいえば言語・文学・文化・思想と、多方面からのアプローチが中心となります。しかし言葉に注目し、深く考え、人間や世界の本質と文化の特色をとらえようとする点においては、三つの学科とも違いはありません。
言葉を知り、駆使することを通して、日本と異文化との違いに気づき、同時に共通性にもめくばりをし、日本と世界のつながりを考えていきます。

文学部教員一覧