歴史学部

学部の特色

過去を学び、未来をつくる
歴史学の魅力を網羅

歴史学部 イメージ

歴史学部は2010年4月に発足した日本最初の学部です。

歴史学部は2010年4月に開設された日本初の、そして日本でただ一つの学部です。過去から現代に至る人間の営みを見つめ、それを通して現代社会と能動的に向き合い、さまざまな問題に歴史的な分析手法で立ち向かう判断力、そして実践力を備えた人材を養成することをめざしています。

歴史学部は二つの学科で構成されています。歴史学科(日本史・東洋史・西洋史・京都学の4コース)では、古代から現代まで、日本や東洋・西洋など世界各地の歴史的社会を、歴史文化学科(考古学・地理学、民俗学・文化人類学、芸術文化、京都学の4コース)ではさまざまな地域や時期の人々が残した有形・無形の文化を多角的に理解することを目指しています。そのため、人々の残した文献・記録などを読み解き分析する方法や、さまざまな地域や遺跡などの実地調査や分析の方法などを修得するだけでなく、広汎な歴史的知識を、コースの壁を越え、さらに学科の壁を越えて学修できように多彩な授業を提供しています。

「千古の都」京都という環境のなかで、また最新の、日本唯一の学部で、歴史の学びを通して現在を知り人間を見つめる能力を培い、ともに歴史学部の歴史を創っていきましょう。

歴史学部教員一覧