アクセシビリティについて

本学Webサイトでは、高齢者や障がいのある方を含むすべての人が同様の情報を共有できる状態を目指します。

W3Cに準拠したマークアップ

標準仕様にしたがうことを前提として、適切なHTMLとCSSのマークアップをおこないます。これにより、以下で示すユーザビリティおよびアクセシビリティへの基礎を築きます。

World Wide Web Consortiumの略語。インターネットに関する規格化や標準化などを行う団体。

音声ブラウザー・スクリーンリーダーへの配慮

音声ブラウザー・スクリーンリーダー(以下、音声読み上げ)での閲覧に対応できるよう、以下のような点に配慮しています。

スムーズに情報を伝えるための文字表記

  • 表記日付の表示等の読み上げる文字の記述に配慮します
    年月日の別を「/(スラッシュ)」や「.(ピリオド)」ではなく、「年、月」と日本語で表示します。
    [誤] 2011/11(日付をスラッシュで表記)
    [正] 2011年11月(日付を日本語で表記)
  • 英単語は小文字で表記します
    [誤] PAGE(大文字で記述) → 「ピーエージーイー」と読上げます。
    [正] page(小文字で記述) → 「ページ」と読上げます。
    ただし語頭のみ大文字の場合は単語扱いとなります。

ビジュアル情報を正確に再現するためのマークアップ

  • 画像には適切な代替テキストを記述します
    読み上げ時にも不自然でない、テキスト説明を挿入します。
  • 読み上げられる順番にも配慮してHTMLを記述します
    ブラウザーでの実際の見た目と音声読み上げ順に意味上の相違がないようマークアップしながら、デザイン的にも質の高いWebサイトを目指します。
  • スキップナビゲーションの設置
    ページの冒頭にナビゲーションや検索ボックスを読み飛ばして本文へジャンプするリンクを設置することで、必要箇所へのショートカットを可能にします。

操作性への配慮

高齢のユーザーや障がいのある方、また通常の操作が困難状況に際しても、必要な情報の収集を極力可能にするために以下の対策を施しています。

画像ファイルの表示が無効な状態への配慮

画像の代替テキストを適切に記述し、情報を正確に伝えます。

CSSやJavaScript、Flashプレーヤーが無効な場合への配慮

適切なHTMLマークアップや代替コンテンツを用意することにより、CSS(見栄えの実装)やJavaScript(ロールオーバー等のエフェクト)、Flashプレーヤーが無効な場合にも、情報を適切に伝えられるよう配慮しています。

ユーザーに合った文字サイズへの変更が可能

「中・大・特」の文字サイズ変更を可能にするボタンを、ヘッダ部分に設置しています。

操作性を向上させるリンクアイコン

リンク毎にアイコンの設定をおこなって区別し、操作性を向上させます。
リンクのアイコンパターンは以下のとおりです。

印刷表示への対応

印刷時には情報を漏れなく正確に、かつ効率よく出力できるよう、下記の点を考慮しています。

必要な情報のみを出力

グローバルナビゲーションやローカルナビゲーションなど、Web上の機能のために設置されている要素は印刷情報としては不要なので自動的に非表示とし、ページ内のコンテンツ(内容)をのみを適切に印刷出力します。

カテゴリ内の下層ページナビゲーションを示します。

可読性への配慮

紙面上での可読性に考慮し、印刷時は文字の種類を明朝体に変更します。
(Webサイトとしてモニターで閲覧する際には、明朝体はドット表示になり可読性を損なうため、通常テキストはメイリオ(ブラウザによってはゴシック)で表示させます。)