歴史学科

史料を読み解き未知の世界を探求する。

文献史料を読み解き、未知の世界や時代の人と出会い、世界史的視点から客観的に分析。
その結果から現代に起きている事柄を理解し、これから起きる未来や新しい展開を予測します。
全学年をとおしてゼミ形式の授業を行い、一人ひとりの研究内容にきめ細かく対応するのも特徴です。

歴史学科 アイキャッチ画像
  • 学科紹介
  • 教員紹介
  • カリキュラム・シラバス
  • ピックアップ
  • ガイドブック
  • 卒業生からのメッセージ

学びのポイント

地域や時代を超えて横断的に学ぶ4コース

1年次に日本史、東洋史、西洋史、京都学の4領域にわたる幅広い知識を習得。これにより他地域との交流や影響によって発展する歴史を理解し、文献史料に基づく歴史学の面白さに目覚めることができます。2年次からは、興味に応じてスムーズに研究を進められるよう、4つのコースを設定。どんな地域を研究する際にも客観性をもって判断するために、他コースの科目も積極的に受講しながら複眼的な視野で歴史をとらえていきます。

文献史料の読解力を身につける多彩な科目

歴史学研究の基本となる文献史料を読み込み、解釈する力を養うため、研究方法や着眼点を習得する「特講」、史料を読み解く方法を学ぶ「史料講読」「文献研究」などの科目を開講。教員が一人ひとりをきめ細かく指導する少人数制で、史料の扱い方や解釈の視点、時間軸を中心に置いた考え方を身につけます。これら読解力や論理的思考力は、社会において応用できるスキルであり、将来のキャリアアップにも役立ちます。

教育の方針

身につける力
(ディプロマポリシーの概要)

  • 自己と自己を取り巻く社会・文化を客観的に理解できる力。広い歴史知識と専門性に裏打ちされた洞察力・判断力
  • 個人・文化・社会等の多様性を理解できる力。現代社会と能動的に向き合い多様な方法論を実践力によって問題解決できる力。

カリキュラムの特色
(カリキュラムポリシーの概要)

  • 時間と空間の両面を意識した多様な歴史学の基礎を学ぶための科目、世界史的視点から歴史を理解するための科目を開講しています。
  • 「日本史」「東洋史」「西洋史」「京都学」の各コース科目を設定し、さまざまな地域や時代の人々が残した記録(文献史料)による研究方法を中心とする専門教育を行います。
  • 全学年にゼミ形式の授業を設定し、少人数によるきめ細かな指導を行います。また、フィールドワーク系の科目や教員免許状・資格取得のための科目を発展科目として設けています。

取得可能な教員免許状・資格

教員免許状

  • 社会/中学校1種
  • 地理歴史/高校1種
  • 公民/高校1種
  • 特別支援学校1種

資格

  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 浄土宗教師
  • 浄土宗開教師
  • 浄土宗社会教化主事
  • レクリエーション・インストラクター
  • 初級地域公共政策士
  • グローカルプロジェクトマネージャー(GPM)
  • 年間の履修登録単位数に上限があるため、取得できる教員免許状・資格の数には制限があります。
  • 教員免許状・資格の取得にあたっては、所定科目の履修が必要です。
  • 併設されている通信教育課程を併修することにより、小学校1種などの他学科指定の教員免許状も取得可能です。

学部・大学院