ここから本文です

佛教大学

佛教大学の教育研究上の目的

佛教大学は、使命と目的に基づいて、以下のように具体的な教育研究上の目的を設定し、大学の教育事業を展開していきます。

人材養成の目的

  1. 仏教精神に基づいて、豊かな人間性、確固たる倫理観、智慧と慈悲を身につけた人材、すなわち「人間力」をもった人材を養成する
  2. 生老病死に関わる諸問題に対応できる人材を養成する
  3. 社会人として必要な教養や知識・技能を身につけた人材を養成する
  4. 自己をみつめ自己を理解する力、周囲の環境や人間を理解する力を身につけ広い視野で思考できる人材を養成する
  5. 専門領域に関する知識や技能を修得し、自ら問題を発見し、個人あるいは共同でその解決に積極的に取り組み、解決策を提示できる人材を養成する

その他の教育研究上の目的

1)教育

  1. 人材養成の目的に基づいた多様な教育課程を提供する
  2. 幅広い人々に向けて生涯にわたる学修の機会を提供する
  3. 正課・課外の両面にわたって学生への支援を充実する
  4. 専門領域に応じたキャリア形成支援を推進する

2)研究

  1. 人文科学領域における最新の研究を遂行する
  2. 社会科学領域における最新の研究を遂行する
  3. 自然科学・保健医療技術領域における最新の研究を遂行する
  4. それぞれの専門領域における研究成果を積極的に教育へ還元する

3)社会貢献

  1. 実践や実習、ボランティアなどを通じて地域社会へ貢献する
  2. 研究成果を積極的に社会に還元し貢献する
  3. さまざまな学びの機会、生涯にわたる学びの機会を提供することで社会に貢献する
  4. さまざまな領域に優れた人材を輩出し社会に貢献する

▲ページのトップヘ

佛教大学の教育方針(三つのポリシー)

佛教大学は、建学の理念に基づき、使命と目的ならびに教育研究上の目的を達成するために、ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者の受け入れの方針)を以下の通り定めます。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

人材養成の目的にも示したように、本学は仏教精神に基づいて、豊かな人間性、確固たる倫理観、智慧と慈悲を身につけた人材、すなわち「人間力」をもった人材の養成を目指しています。具体的には「転識得智」すなわち社会人として必要な教養や知識・技能および専門知識を生きる力(応用力)へと導く力を培うことを目的とします。

以下に示す力を修得するとともに、学部・学科の人材養成の目的に基づいて設定された教育課程を修めた学生に対して、本学は卒業を認定し学位(学士)を授与します。

  1. 仏教精神に基づいて、豊かな人間性、確固たる倫理観、智慧と慈悲を身につけている
  2. 仏教精神に基づき、人生における諸問題に対応する力をもっている
  3. 社会人として必要な教養や知識・技能を身につけている
  4. 自己をみつめ自己を理解する力、周囲の環境や人間を理解する力を身につけ広い視野で思考できる力をもっている
  5. 専門領域に関する知識や技能を修得し、問題把握力と問題解決力を身につけている

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学はディプロマポリシーに掲げる内容を修得できるよう、各科目群にわたって学生が主体的に学ぶアクティブ・ラーニングを積極的に取り入れ、獲得した知識・技能を生きる力(応用力)として定着させます。また、単位修得状況およびGPA等の基準に基づき、知識・技能の修得度を評価します。そのため、順次性・体系性を重視した教育課程を以下の通り編成し、卒業研究(論文・レポート等)によって4年間の学修成果とします。

  1. 仏教精神に基づいて、豊かな人間性、確固たる倫理観、智慧と慈悲を培うための科目を提供する
  2. 社会人として必要な教養や知識・技能を身につけるために、全学共通科目および全学教養科目の科目群を提供する
    1. 現代社会で活動するために必要な基礎的人間力を養成するための科目
    2. 国際的感覚をもち、異文化を理解するために必要な基礎語学力を身につけるための科目
    3. アカデミックライティングを修得する初年次科目
    4. 大学生として学問に向かう基本的な姿勢を修得する科目
    5. 専門学修を経たうえで、社会人として批判的かつ多角的に物事を判断できる力を身につける科目
  3. 学部・学科の専門領域に関する知識・技能を修得し、問題把握力と問題解決力を涵養するための科目群として、以下のような専門科目を提供する。
    1. 学部の学修の基幹をなす科目
    2. 学科のスタディスキルを学ぶ初年次科目「入門ゼミ」をはじめ、学科の学修の基礎となる科目
    3. 学科における専門学修の中核となる科目
    4. 学部・学科の専門学修に関連して学びを補完する科目

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

本学は、ディプロマポリシーおよびカリキュラムポリシーに掲げた内容を修得できる人材として、多様な選考方法を通じて、次に掲げるポリシー(一部またはすべて)に示した意欲と力をもつ人を受け入れます。

佛教大学が求める学生像

  1. 佛教大学の建学の理念を理解し、本学で学びたいという明確な目的と強い意思をもつ人
  2. 社会において必要な教養と、社会で通用する実践力を身につけたいと望む人
  3. 自分が関心を有する分野で、社会に貢献するための判断力・行動力・技術を身につけ、地域において貢献したいと考える人

佛教大学のアドミッションポリシー

  1. 高等学校等の学習を通じて基礎的な知識・技能を幅広く修得している人
  2. 自分で課題を見つけだし、それを解決するために、自ら積極的に学ぶ強い意思をもつ人
  3. 正課だけでなく、正課外での活動も活発に行い、優れたリーダーシップやチームワーク力のある人
  4. 専攻する分野に関心をもち、その分野で活躍したいという意欲をもつ人
  5. 明確な目的を定め、目的達成のために粘り強く力を発揮することのできる人
  6. 実社会での経験・実績などを活用して、常に向上心を抱き、主体的に学習に取り組んでいく姿勢をもつ人
  7. 浄土宗の教師資格を取得し、浄土宗僧侶として社会に貢献しようという意思をもつ人

以上のアドミッションポリシーを組み合わせることによって、本学は入学試験を実施しています。

▲ページのトップヘ

大学紹介