ここから本文です

佛教大学

佛教大学の教育研究上の目的

佛教大学は、使命と目的に基いて、以下のように具体的な教育研究上の目的を設定し、大学の教育事業を展開していきます。

人材養成の目的

  1. 仏教精神に基いて、豊かな人間性、確固たる倫理観、感謝の精神をもった人材を養成する
  2. 生老病死に関わる諸問題に対応できる人材を養成する
  3. 社会人として必要な総合的教養や汎用的な技能を身につけた人材を養成する
  4. 自己をみつめ自己を理解する力、周囲の環境や人間を理解する力をもった人材を養成する
  5. 専門領域における問題把握力と解決スキル、知識・技能などを総合的に活用する力をもった人材を養成する

その他の教育研究上の目的

1. 教育

  1. 仏教精神に基いて、豊かな人間性、確固たる倫理観、感謝の精神をもった人材を養成するために必要な教育課程を提供する
  2. 自己をみつめ自己を理解する力、周囲の環境や人間を理解する力を培うために、体験・実践など多様な学修機会を提供する
  3. 専門領域における問題把握力と解決スキル、知識・技能などを総合的に活用する力を養成するための教育課程を提供する
  4. 幅広い人々に向けて生涯学習の機会を提供する
  5. 正課・課外の両面にわたって学生支援を充実させる
  6. 専門領域に応じた職業指導(キャリア指導)を積極的に進める

2. 研究

  1. 人文社会領域における最新の研究を遂行する
  2. 自然科学・保健医療技術領域における最新の研究を遂行する
  3. それぞれの専門領域における研究成果を積極的に教育へ還元する

3. 社会貢献

  1. 実践や実習、ボランティアなどを通じて地域社会への貢献を行う
  2. 研究成果を積極的に社会に還元し貢献を行う
  3. 様々な学習機会・生涯学習機会を提供することで社会貢献を行う
  4. 社会の様々な領域に優れた人材を輩出し貢献を行う

▲ページのトップヘ

佛教大学の3ポリシー

佛教大学は、建学の理念に基き、使命と目的ならびに教育研究上の目的を達成するために、ディプロマポリシー(学位授与の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者の受け入れの方針)を以下の通り定めます。

佛教大学のディプロマポリシー(学位授与の方針)

本学は仏教精神に基いて、豊かな人間性、確固たる倫理観、感謝の精神をもった人材の養成を目指しています。本学が掲げる人材養成の目的に基き、以下に示す総合的な力を修得しているとともに、学部学科の人材養成の目的に基いて設定された教育課程を修め、それぞれの求めるところに従って単位を修得した学生に対して、本学は学位(学士)を授与します。

  1. 仏教精神に基いて、豊かな人間性、確固たる倫理観、感謝の精神をもっている
  2. 生老病死に関わる諸問題に対応する力をもっている
  3. 社会人として必要な総合的教養や汎用的な技能を身につけている
  4. 自己をみつめ自己を理解する力、周囲の環境や人間を理解する力をもっている
  5. 専門領域における問題把握力と解決スキル、知識・技能などを総合的に活用する力をもっている
  6. 体験や実践を通じて応用力を培い、総合的に表現する力をもっている

▲ページのトップヘ

佛教大学のカリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学は仏教精神に基いて、豊かな人間性、確固たる倫理観、感謝の精神をもった人材の養成を目指しています。先に掲げた学位の授与に値する力、総合的教養、専門的な力を培うために、以下に示すようなカリキュラムポリシーに従って、教育課程を編成し、それらを通じて教育活動を展開していきます。

  1. 仏教精神に基いて、豊かな人間性、確固たる倫理観、感謝の精神を培うための科目を提供する
  2. 社会人として必要な総合的教養や汎用的な技能を身につけるために、以下のような科目群を提供する
    1. 1)初年時に大学の授業を受けるにあたっての基礎知識などを提供する科目
    2. 2)高等学校等での学修を補うための科目
    3. 3)異文化を理解するために必要な基礎語学力や基礎知識を身につけるための科目
    4. 4)幅広い領域にわたる総合的・学際的な知識を身につけるための科目
    5. 5)社会で活動するために必要な総合的基礎力(日本語・情報など)を身につけるための科目
    6. 6)キャリア開発・キャリア形成のために必要な科目
  3. 自己を見つめ自己を理解する力、周囲の環境や人間を理解する力を養うための科目群を提供する
  4. 専門領域における問題把握力と解決スキル、知識・技能などを総合的に活用する力を身につけるための科目群を提供する
  5. 体験や実践を通じて応用力を培い、総合的に表現する力を身につけるための科目群を提供する

▲ページのトップヘ

佛教大学のアドミッションポリシー(入学者の受け入れの方針)

佛教大学が求める学生像

本学は仏教精神に基いて、豊かな人間性、確固たる倫理観、感謝の精神をもつ人材の養成を行っています。そのために、自分自身や周囲の社会、そこで暮らす人々に対して関心をもち、自分を向上させるとともに、社会や他の人々のために貢献することに意欲をもつ人を求めます。具体的には次の通りです。

  1. 佛教大学の建学の理念を理解し、本学で学びたいという明確な目的と強い意思をもつ人
  2. 社会において必要な総合的教養と、社会で通用する実践力をしっかりと身につけ たいと望む人
  3. 自分で課題を見つけだし、それを解決するために、自ら積極的に学ぶ強い意思をもつ人
  4. 自分が関心を有する分野で、社会に貢献するための判断力・行動力・技術を身につけ、地域において貢献したいと考える人

佛教大学のアドミッションポリシー(入学者の受け入れの方針)

本学は、表面的な学力だけでなく、学部学科が求める学生像に即した資質や意欲を重視し、学生受け入れの方針として、以下のようにアドミッションポリシーを定めます。

  1. 高等学校等の学習を通じて総合的な基礎学力を備えている人
  2. 高等学校等における学習状況および生活状況が良好な人
  3. 浄土宗の教師資格を取得し、浄土宗僧侶として社会に貢献しようという意思をもつ人
  4. スポーツや文化活動等で優れた実績をもち、入学後にリーダーシップを発揮してくれる人
  5. スポーツや文化活動、自身の体験・経験などを活用して、大学においても活発な活動を継続して行っていきたいという意欲のある人
  6. 明確な目的を定め、目的達成のために粘り強く力を発揮することのできる人

以上のアドミッションポリシー(入学者の受け入れの方針)を組み合わせることによって、本学は入学試験を実施しています。

大学紹介