ここから本文です

社会福祉学専攻 修士課程

社会福祉学専攻の教育研究上の目的<修士課程>

人材養成の目的

  1. 社会福祉思想・社会福祉史・社会福祉原理論・社会福祉政策論・社会福祉経営論・社会福祉方法論・社会福祉実践論等に関する高度な専門的知識・能力を持つ社会福祉関係高度専門職業人を養成する
  2. 社会福祉思想・社会福祉史・社会福祉原理論・社会福祉政策論・社会福祉経営論・社会福祉方法論・社会福祉実践論等に関する創造性豊かな研究者・教育者となるための基礎的能力を持つ人材を養成する
  3. 社会福祉思想・社会福祉史・社会福祉原理論・社会福祉政策論・社会福祉経営論・社会福祉方法論・社会福祉実践論等に関する高度な知識を活用しながら、福祉社会を支える高度で知的な素養のある人材を養成する

その他の教育研究上の目的

1. 教育

  1. 学士課程における社会福祉学に関する知識・能力をふまえ、社会福祉思想・社会福祉史・社会福祉原理論・社会福祉政策論・社会福祉経営論・社会福祉方法論・社会福祉実践論等に関するさらに高度な専門的知識・能力の向上を図る教育課程を提供する
  2. 少人数教育の長所を活かし、演習的要素を重視した各教科及び修士論文指導を通じて、研究能力を養成する教育課程を提供する
  3. 社会福祉機関・施設等で活躍する社会福祉専門職従事者のニーズに応えるとともに、福祉社会を支える高度で知的な素養の涵養に資する教育課程を提供する

2. 研究

  1. 社会福祉思想・社会福祉史・社会福祉原理論・社会福祉政策論・社会福祉経営論・社会福祉方法論・社会福祉実践論等に関する社会福祉学研究を推進する
  2. 社会福祉学各領域をカバーする豊富な教員陣を有する本研究科の利点を駆使し、共同研究を進めるとともに、比較福祉研究をさらに充実させる
  3. 社会福祉学研究の成果を教育に還元するとともに、社会貢献に反映する

3. 社会貢献

  1. 高度な専門的知識・能力を持つ社会福祉関係高度専門職・教養人の養成により社会に貢献する
  2. 研究成果を学外に発信することにより社会に貢献する
  3. 地方自治体や社会福祉関係機関・施設との共同研究や委託研究を進め、社会に貢献する

▲ページのトップヘ

社会福祉学専攻のディプロマポリシー(学位授与の方針)<修士課程>

次の1)から4)をすべて満たす者に「修士(社会福祉学)」を授与する

1)知識

  1. 社会福祉思想・社会福祉史・社会福祉原理論・社会福祉政策論・社会福祉経営論・社会福祉方法論・社会福祉実践論等に関わるいずれか1つの専門領域に関し、高度な専門的知識を持っている
  2. 専攻する専門領域以外で、近接する社会福祉思想・社会福祉史・社会福祉原理論・社会福祉政策論・社会福祉経営論・社会福祉方法論・社会福祉実践論等に関する専門的知識を持っている

2)研究技能

  1. 研究課題に関して科学的に分析し、論理的に思考する能力があり、それらを再構成して適切に表現する能力を有している
  2. 研究を遂行するために必要な調査技法を習得し、適切な調査を遂行する能力がある
  3. 研究を遂行するために必要な語学力を持っている

3)独創性

  1. 研究課題に関し、先行研究を把握した上で、自らの研究の目的・意義を位置づけることができる
  2. 研究課題に関し、先行研究をふまえて、適切な研究方法により修士論文としてまとめることができる

4)総合力

  1. 研究課題に関する高度な専門的知識と、関連領域に関する専門知識、適切な研究技能、さらに独創性を有し、その成果を修士論文に集大成する総合的な能力を備えている

▲ページのトップヘ

社会福祉学専攻のカリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)<修士課程>

1)知識

  1. 社会福祉学研究における基礎的知識・方法の獲得のため「基礎科目」を配置する
  2. 社会福祉学各領域における基礎的知識の獲得のため「特殊研究科目」を配置する
  3. 専攻科目として、(1)各ライフステージにおける人間の発達・自立をめざし、当事者・家族・地域課題へどう対応するか、(2)グローカルな視角から地域に包括される福祉諸課題等を検証しつつ、福祉開発指向をふまえた福祉政策・実践をどう展望するか、について専門的・総合的に研究するために「特殊研究科目」を配置する
  4. 特殊研究科目・演習とも履修方法を弾力化し、関連領域の専門的知識を獲得できる履修システムを提供する
  5. 本学大学院における研究の基礎的知見獲得のため「関連科目」を配置する

2)研究技能

  1. 大学院担当教員全員が修士論文を指導するための科目を、初年度からセメスターごとに開講し、研究技能の向上を図る
  2. 研究を遂行するために必要な調査能力・分析能力・論理的思考力・表現力を獲得するために、学生の課題報告とそれに対する教員のコメント及び相互のディスカッション等の過程を通じて鍛錬する「演習科目」を開講する
  3. 研究遂行に必要な語学力を獲得するための科目を、特殊研究科目、演習科目において開講する

3)独創性

  1. 初年度から開講する研究指導演習を通じて研究指導を継続的に徹底することにより、先行研究をフォローし、それとの関連で自らの研究課題を正確に位置づけるとともに、先行研究に対する独自性を明確にし、研究方法に関して独創性を追求するなど、独創性の涵養を図る

4)総合力

  1. 研究指導演習を通じて研究指導を継続的に徹底することにより、修士課程の学びをふまえて、その集大成として修士論文に仕上げる指導を行い、独立した研究として一定の水準を達成することをめざし、総合力の涵養を図る

▲ページのトップヘ

社会福祉学専攻のアドミッションポリシー(入学者の受け入れの方針)<修士課程>

求める人材像((1)~(5)のいずれかに該当する人)

  1. (1)学士課程を修了し、さらに社会福祉思想・社会福祉史・社会福祉原理論・社会福祉政策論・社会福祉経営論・社会福祉方法論・社会福祉実践論等に関する高度な専門的知識・能力を持つ社会福祉関係高度専門職をめざす人
  2. (2)学士課程を修了した社会福祉機関・施設等の専任職員で、福祉現場で研究を進め、さらに社会福祉思想・社会福祉史・社会福祉原理論・社会福祉政策論・社会福祉経営論・社会福祉方法論・社会福祉実践論等に関する高度な専門的知識・能力の獲得をめざす人
  3. (3)学士課程を修了し、さらに社会福祉思想・社会福祉史・社会福祉原理論・社会福祉政策論・社会福祉経営論・社会福祉方法論・社会福祉実践論等に関する高度な専門的知識・能力を持つ研究者や教育者をめざす人
  4. (4)生涯学習として、社会福祉思想・社会福祉史・社会福祉原理論・社会福祉政策論・社会福祉経営論・社会福祉方法論・社会福祉実践論等を研究し、その知識や能力を社会で役立てたいと考える人
  5. (5)社会福祉思想・社会福祉史・社会福祉原理論・社会福祉政策論・社会福祉経営論・社会福祉方法論・社会福祉実践論等に関心があり、知識を高めたい人

アドミッションポリシー((1)~(3)のすべての要件を満たすこと)

  1. (1)学士課程を修了し、日本語の文章読解・表現能力、ならびに社会福祉学研究を行うのに必要な言語の基礎的な読解能力を持っている
  2. (2)社会福祉学研究に強い意欲を持ち、専攻したい領域並びに関連領域について、基礎的な素養を持っている
  3. (3)社会人である場合、福祉現場で研究経験があり、大学院での研究遂行に役立つ知識や経験を有している

大学紹介