ここから本文です

看護学科

看護学科の教育研究上の目的

人材養成の目的

  1. 共感性や豊かな人間性を有する人材を養成する。
  2. 看護学および隣接領域に関する学識を有する人材を養成する。
  3. 基礎的な看護実践能力を備えた人材を養成する。
  4. 看護活動を通して地域社会への貢献ができる人材を養成する。
  5. 看護学および隣接領域の諸分野と連携して活動できうる人材を養成する。
  6. 医療の高度化、情報化、国際化に対応しうる人材を養成する。

その他の教育研究上の目的

1. 教育

  1. 時代のニーズに応じた看護学教育の追求
    豊かな人間性と多様な価値観を育み、科学的・文化的素養を備えたヒューマンケアの中核的担い手としての看護師を育成するために、時代のニーズに応じた看護学教育を追求する。
  2. 他学部・学科との連携による医療・保健・福祉への貢献
    「保健・医療・福祉」の一体化を図るべく、他学部の中でも特に社会学・社会福祉学・教育学や他学科である理学療法学科・作業療法学科との連携のもと、関連他職種との協働の中で、主体性をもって保健・医療・福祉の促進に貢献する。
  3. 生涯学習に向けた継続的な支援
    看護基礎教育を基盤に、将来も大学を拠点に専門職者として生涯にわたって自己研鑚の継続が図られる支援をする。

2. 研究

  1. 看護学および関連領域の分野における研究を遂行する。
  2. 研究成果を教育や臨床に還元する。

3. 社会貢献

  1. 看護学の専門知識や実践力をもって地域貢献を行う。
  2. 基礎的な看護実践能力を有した人材を輩出することによって社会に貢献する。
  3. 疾病の有無にかかわらず健康問題を抱えた人々のニーズに応えうる人材の輩出によって社会に貢献する。

▲ページのトップヘ

看護学科のディプロマポリシー(学位授与の方針)

  1. 看護活動の場において共感性や豊かな人間性を発揮できる能力を有している。
  2. 看護学および隣接領域に関する学識を看護活動の場において発揮できる能力を有している。
  3. 基礎的な看護実践能力を備え、それを発揮できる能力を有している。
  4. 看護活動を通して地域社会への貢献ができる能力を有している。
  5. 看護学および隣接領域の諸分野と連携して活動できうる能力を有している。
  6. 医療の高度化、情報化、国際化に対応しうる能力を有している。

▲ページのトップヘ

看護学科のカリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 看護学を学ぶにあたって必要とされる基礎学力と論理的な思考力を養う教育課程を提供する。
  2. 福祉、教育、自然科学、社会科学、人文科学、仏教などの幅広い修学を通じて豊かな知識と人間性を涵養する教育課程を提供する。
  3. 看護活動が展開されている多様な臨地実習を通して基礎的な看護実践能力が修得できる教育課程を提供する。
  4. 論理的、研究的思考を養うための教育課程を提供する。
  5. 国際的視野を養うために英語を中心とした語学教育のための教育課程を提供する。

▲ページのトップヘ

看護学科のアドミッションポリシー(入学者の受け入れの方針)

本学科が求める学生像は次の通りです。

  1. 人に対する深い関心と思いやりをもち、コミュニケーション能力を有している人
  2. 基本的な学習習慣を有し、看護学を学ぶために必要な基礎学力を有している人
  3. 人の役に立ちたいと思う熱意や意思を有し、社会貢献に意欲を持った人

大学紹介