ここから本文です

歴史学部

歴史学部の教育研究上の目的

歴史学部では、使命と目的に基づいて、以下のように具体的な教育研究上の目的を設定しています。

人材養成の目的

  1. 建学の理念に基づき、過去から現代に至る人間の営みを見つめることを通して、「人間力」をもった人材を養成する
  2. 学士課程の学修を通して、社会人として必要な教養や技能を身につけた人材を養成する
  3. 歴史学の学修を通して、時間的・空間的な多様性を理解し、自己とそれを取り巻く文化・社会を客観的にみつめることができる人材を養成する
  4. 歴史学や関連諸学の学修を通じて、人間・社会・文化等の歴史的な事象について、幅広い知識と多様性に対する理解に裏打ちされた洞察力と判断力を備えた人材を養成する
  5. 学修の成果を活用して現代社会と能動的に向き合い、学修を通じて体得した多様な方法論と実践力をもって問題解決に取り組む人材を養成する

その他の教育研究上の目的

1)教育

  1. 人材養成の目的に基づいた多様な教育課程を提供する
  2. 日本あるいは世界の歴史についての学修を通して身につけた教養や技能を活用できる人材を養成するために、多様な学修機会を提供する
  3. 歴史学に関する学修を促進するための学生に対する支援を行う
  4. 歴史学の学修成果を活用できるキャリア形成支援を推進する

2)研究

  1. 歴史学の各分野における最新の研究を遂行する
  2. それぞれの専門領域における研究成果を積極的に教育へ還元する

3)社会貢献

  1. 体験・実践を重視した学修を通して、地域社会の課題の発見や解決に貢献する
  2. 教育・研究の成果を積極的に発信し、歴史学の諸分野・諸領域に関するさまざまな学修機会を提供し、社会に還元する
  3. 教員・学芸員など歴史と直接に関わる専門職をはじめ、行政や一般企業などにおいても、歴史および歴史学に関わる知見や思考を活かすことのできる人材を輩出して社会に貢献する

▲ページのトップヘ

歴史学部の教育方針(三つのポリシー)

歴史学部では、教育研究上の目的を達成するために、ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)を以下の通り定めます。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

  1. 建学の理念に基づき、豊かな人間性と社会とを支える広い教養を身につけている
  2. 歴史学の学修を通して、日本あるいは世界の個人・文化・社会に関する基本的な知識や技能を有している
  3. 個人・文化・社会などの多様性を理解し、自らの思考や判断に活かすことができる。
  4. 学修の成果を用いながら、自らが設定した課題を考察することができる
  5. 地域社会や国際社会に内在する諸問題に関して、学修の成果を援用し課題を発見し、その解決に向けて実践的に取り組むことができる

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

歴史学部では、学位授与基準を満たす能力の修得を目指して、以下の方針のもとにカリキュラムを編成します。

  1. 歴史学部のカリキュラムは、大学全体で提供される全学共通科目・全学教養科目を通じて養われる知識や教養を基礎にしながら、学部の専門科目を歴史・歴史文化両学科に共通する内容を学ぶ学部基幹科目、各学科の基礎的な内容を学ぶ学科基礎科目、学科の専門的な内容を学ぶ学科専門科目(各領域の学科専攻科目、関連科目)で構成する
  2. 歴史学部における初年次の学修は、学部全体として大学での学びへの円滑な導入および基礎的なアカデミックスキルの修得を目指す「入門ゼミ」と、全学共通科目の「専門学修のための日本語表現」の二つの科目を中心に、両学科に共通する内容を学ぶ学部基幹科目と、各学科の基礎的な内容を学ぶ学科基礎科目で構成する
  3. 研究法ゼミ(2学年)、発展研究ゼミ(3学年)、卒業研究ゼミ(4学年)と継続的にゼミを設置することによって選択領域の学修の深化をはかるとともに、学生自身による思考・判断、および表現する力の養成を目指す
  4. 専門教育の学修内容を補完し、より幅の広い学修をうながすため、多彩な関連科目を設定する。両学科の関連科目は過去の事象をさまざまな角度から考察する歴史学という学問の特性を考慮して互いに履修可能となるよう設定し、横断的な学修を担保する
  5. 関連科目は、京都の歴史や文化を集中的に学ぶ「京都学プログラム」、中学校社会・高等学校地歴・公民の教育職員免許状取得を目指す「教職免許状取得プログラム」、博物館学芸員資格取得を目指す「学芸員資格プログラム」、図書館司書・学校図書館司書教諭資格取得を目指す「図書館司書プログラム」など体系的で効果的な学修を目的にしたプログラム科目群を設定する

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

歴史学部が求める学生像

  1. 世界史・日本史・地理など地歴科目のいずれかについてより広範な知識を有している人
  2. 自分の考えを言葉や文章で表現できる人
  3. 歴史や文化について関心のある人
  4. 大学での学修を活かして、社会に積極的に関わろうとする人

▲ページのトップヘ

大学紹介