ここから本文です

文学部

文学部の教育研究上の目的

文学部では、使命と目的に基づいて、以下のように具体的な教育研究上の目的を設定しています。

人材養成の目的

  1. 建学の理念に基づき、自己および他者を見つめて相互理解を形成し、さらに世界の多様性を踏まえて社会で活動する人材を養成する
  2. 言語とそれに基づく文化についての基本的理解を有する人材を養成する
  3. 日本、中国、英語圏の諸文化について深い理解を有する人材を養成する
  4. 日本語、中国語、英語についての運用能力を有し、さらにはその他の言語についての理解を有する人材を養成する
  5. 国際交流の場において受信とともに発信の能力を有する人材を養成する

その他の教育研究上の目的

1)教育

  1. 専門領域への導入のために、初年次教育をきめ細かく実施する
  2. 自己と他者との相互理解についての認識を深めるために、フィールドワークや海外研修・海外留学などの機会を提供する
  3. 学生の学修や実践の成果を社会に向けて発信する機会を設けるなどの学生支援を充実させる
  4. 専門領域におけるキャリア形成支援を進める

2)研究

  1. 言語を中心とした文学・思想・文化領域における最新の研究を遂行する
  2. 専門領域における研究成果をカリキュラムと授業を通して教育に還元する

3)社会貢献

  1. 研究成果を種々のメディアを使って公開し、社会に貢献する
  2. 国際交流の領域にすぐれた人材を提供し社会に貢献する
  3. 国語、書道、中国語、英語の教員を養成することによって社会に貢献する
  4. 学生の学修の成果を公表して社会に貢献する

▲ページのトップヘ

文学部の教育方針(三つのポリシー)

文学部では、教育研究上の目的を達成するために、ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)を以下の通り定めます。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

  1. 社会のさまざまな事象について、建学の理念によって培われた倫理観に基づいて判断を下し、かつ修得した知識を活用して社会的責任を果たすことができる
  2. 日本、中国、英語圏の諸言語・諸文化に関するそれぞれの専門領域において、深い知識と理解力を身につけている
  3. 日本、中国、英語圏の諸言語・諸文化に関するそれぞれの専門領域において、テーマを設定して自らの見解をまとめることができる
  4. 選択した専門領域以外の関連領域について、基礎的な知識を身につけている
  5. 国際交流の場において、相互理解のために情報の受信者あるいは発信者として活動できる一定の知識と能力を身につけている

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 全学共通科目・全学教養科目の修得を前提とした専門科目を設ける
  2. 国際交流における外国語の重要性に鑑み、全学共通科目において複数の外国語の学修を必須とする
  3. 世界の多様性を理解する基礎となる科目を学部基幹科目に、初年次教育の中心となるゼミ科目を学科基礎科目に設ける
  4. 専門的知識の獲得と理解力の深化をめざし、言語、文学、思想に関する科目を体系的に配置する
  5. 言語を基盤とした文化に関する知識と理解力を養成するための科目を体系的に設ける
  6. 長期の海外留学制度を設ける
  7. 各学科の専門性に対応した教員免許状取得希望者のために関連する科目を提供する

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

文学部が求める学生像

  1. 興味をもった事柄や分野についての本を読み、その内容についてまとめることができる人
  2. 日本語、英語、中国語などの言語について、興味と学習意欲をもつ人
  3. 日本や外国の文学や思想、文化について関心のある人
  4. 外国語を活用して仕事をしたり、国際交流などの場において活躍したいと考えている人
  5. 日本と外国の相互理解のための知識や能力を身につけたいと考えている人

▲ページのトップヘ

大学紹介