ここから本文です

教育学部

教育学部の教育研究上の目的

教育学部では、使命と目的に基づいて、以下のように具体的な教育研究上の目的を設定しています。

人材養成の目的

  1. 建学の理念に基づき、自己および他者を冷静にそして温かく見つめ、子どもから成人に至る周囲の人間の気持ちや考えを理解する力をもった人材を養成する
  2. 自己を理解し、集団内での自身の役割を自覚するとともに、周囲の環境や他者を理解し、良好な人間関係を築ける人材を養成する
  3. 教育・臨床心理に関わる専門的知識と技能を有し、当該分野におけるさまざまな事象に対する的確・迅速な問題把握能力と、協働作業による問題解決能力をもつ人材を養成する

その他の教育研究上の目的

1)教育

  1. 人間を深く理解した実践力の育成につなげるため、理論と実践の双方を体系的に組み合わせた教育の機会を提供する
  2. 生涯発達および生涯学習の視点から人間を捉え、生涯にわたる学びの場を提供する
  3. 学生一人ひとりの学修状況を恒常的に把握し、個々に応じた学生支援を充実させる
  4. 専門領域に応じたキャリア支援を、入学時から卒業時までの中で体系的に進める

2)研究

  1. 教育学、臨床心理学領域における最新の研究を遂行する
  2. 専門領域における研究成果を積極的に教育・臨床心理における実践に還元する

3)社会貢献

  1. 教育・臨床心理に関わる現在の諸問題を、実践や実習、ボランティアなどを通して交流・共有し、その解決に向けて最新の研究成果を提供する
  2. 教育・保育現場、臨床心理相談室等の施設を中心に、力を発揮し貢献できる人材を輩出する

▲ページのトップヘ

教育学部の教育方針(三つのポリシー)

教育学部では、教育研究上の目的を達成するために、ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)を以下の通り定めます。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

  1. 学校や病院等、教育支援、臨床心理学的援助が要請される領域の諸問題に積極的に取り組み、問題解決する実行力を身につけている
  2. 教育学あるいは臨床心理学に関わる研究の基礎的方法論を修得するとともに、大学院進学希望にも対応できる十分な資質・能力を身につけている
  3. 教育学や臨床心理学に関わる基礎的な知識・技能および応用力を有し、さらに、それらの領域で情報通信技術を活用できる技能を身につけている
  4. 人間を理解する心を涵養し、社会的な常識を有し、社会の幅広い年齢層の人たちと協働できる人間関係能力を身につけている

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 社会人として必要な教養や知識・技能を身につけるために、全学共通科目群と全学教養科目群を設ける
  2. 初年次より大学での学びや、人間関係能力を高めるための科目を配置し、大学生としての心身の発達を全面的にサポートする
  3. 学生の将来設計に応じて、時代に即した免許・諸資格の取得が効果的・能率的にできるよう、学部の基幹科目、学科別の基礎科目から専攻科目、そして資格の幅を広げる関連科目でカリキュラムを編成する
  4. 教育・臨床心理の領域で高度な技能を有する人材育成を目的として、基礎的・専門的内容を理論と実践の双方から体系的に学ぶことができるようカリキュラムを編成する
  5. 教育・保育現場や病院等と連携した実習科目を設置し、実践的な問題解決能力の育成を図る
  6. 主体的な学習を通じて、論理的思考力、言語活用能力、問題発見解決能力などグローバル社会で必要とされる能力を育成する科目を設ける
  7. 研究を遂行する基礎的能力育成のため、研究方法を学び実践する科目を設ける
  8. 情報通信技術を活用した科目を設置し、知識基盤社会および教育・保育現場や病院等での協働業務において必須となる情報活用能力の育成を行う

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

教育学部が求める学生像

  1. 人間の「心」や「学び」について深く学び、研究しようとする気持ちを有する人
  2. 大学で学ぶために十分な資質・能力を有し、ものごとを論理的に考えたり、直感的に捉えたり、それらを活用する力をもっている人
  3. 自身の目標を設定し、それに向けて弛まぬ向上心をもっている人
  4. 他者と積極的に関わり、協力して物事を遂行する力をもっている人
  5. 他者を支え、他者の成長を自身の喜びと捉えることのできる人

▲ページのトップヘ

大学紹介