ここから本文です

研究課題と内容

目的と課題

「シルクロード部門」「歴史文化部門」「浄土宗文化部門」という研究部門をもち、仏教学・日本史学・東洋史学・美術史学・歴史学・考古学・民俗学・神話学などを中心に周辺の諸学問と連携しながら研究を推進し、その成果の一部を平常展示、特別展や企画展、シアター公演やシアター上映会、シンポジウムや講演会によって公開しています。

<研究協力者に依頼している研究テーマ>

  • 現代社会における宗教の戒律と生活倫理に関する実証研究
  • 新疆での世界的文化遺産保護研究事業と国際協力、およびその広報活動
  • 東アジアの宗教文化に関する研究とミュージアム事業への協力
  • チベット仏教文化圏インド・ラダック地方の葬送儀礼にみる命
  • 現代日本の民俗信仰と民俗芸能をめぐる調査研究
  • 浄土宗と戒律

展覧会等の開催

通常は「祈りと祀り、暮らし」をテーマに宗教文化に関する平常展示を開催し、春から秋にかけては特定の研究テーマを特集する「特別展」を開催しています。また、当館では、冬期には本学の歴史とゆかりの先生を取り上げた「企画展」を開催しています。

さらに、展示についてより理解を深めていただく関連講演会やシンポジウムを併せて行っています。

民俗・宗教芸能など無形文化財の公演

併設する劇場施設「宗教文化シアター」において、民俗・宗教芸能など無形文化財を公開・展示する「シアター公演」を行っています。本公演では実演に加え、専門家による解説、ワークショップを行うなど、観覧のみならず、無形文化財の研究報告に基づいて学んでいただける場としての公演づくりを行っています。

また、民俗文化に関する映像を上映し、専門家の解説や実際にその文化を担われている人との対談を通して民俗芸能のいまを考える「シアター上映会」も開催しています。

宗教文化ミュージアム

  • 研究課題と内容
  • イベントカレンダー
  • 刊行物紹介
  • 宗教文化ミュージアムトップへ
  • 図書館・附置機関トップへ
  • 附置機関一覧