ここから本文です

宗教文化ミュージアム

概要

宗教文化ミュージアムは、佛教大学の附置機関として、文部科学省オープン・リサーチ・センターの補助金で設置されたアジア宗教文化情報研究所を母体とし、2008年4月に博物館施設として改組され開館しました。

佛教大学の建学の理念である仏教精神を中核に、宗教的伝統行事・祭具・芸能など有形・無形文化財の調査・資料収集、保存と公開を行い、宗教をめぐる文化的側面について総合的に考えることのできるミュージアムを目指しています。

併設する「宗教文化シアター」では、民俗芸能を中心に、無形文化遺産の公演や特別展関連のシンポジウム、講演会などを開催し、研究成果をひろく社会に公開しています。

ミュージアムのご案内

展示室開館時間 午前10時~午後5時30分(※入館は午後5時まで)
休館日 日・祝日、年末年始、大学が定める休日、他
詳しくはイベントカレンダーをご覧ください。
入館料 無料
所在地・アクセス 広沢キャンパス内
詳しくはアクセスページをご覧ください。

特別コンテンツ

ニヤ遺跡学術研究機構レポート

内外の研究者とともに保護研究を展開し大きな成果をあげた、佛教大学ニヤ遺跡学術研究機構の活動を紹介しています。

ニヤ遺跡 学術研究機構レポート
お問い合わせ先

宗教文化ミュージアム

〒616-8306
京都市右京区嵯峨広沢西裏町5-26アクセス

Tel : 075-873-3115

Fax : 075-873-3121

宗教文化ミュージアム

  • 研究課題と内容
  • イベントカレンダー
  • 刊行物紹介
  • 宗教文化ミュージアムトップへ
  • 図書館・附置機関トップへ
  • 附置機関一覧