教育方針

基本方針

  • 仏教精神に基づく情操豊かな子ども
  • 健康で意欲的に活動する子ども
  • 身近な環境に関わり、創造する子ども

重点目標

  • 仏教精神、特に法然上人の教えに基づき、行事・作法を通し生命を尊重する豊かな心を培う。
  • 自然と歴史に恵まれた美しい環境の中で、のびのびと遊び、友だちと協力する喜びを知り、さらに遊びを自主的に展開していく創造的な態度を養う。

大切にしたい育ち

育自

  • 基本的な生活習慣の自立。
  • 意欲的に体を動かして遊ぶ。
  • 自由に発想し、自信を持って表現する。
  • 好奇心を持って自然の中で遊ぶ。

共育

  • 自分の思いが言える。
  • 相手の話が聞ける。
  • 友だちの思いや考えに気づく。
  • 友だちと考えを出し合い、目的に向かって取り組む。

佛教大学附属幼稚園では
のびのび自分を伸ばし(育自)
なかよく一緒に育つ(共育)
2つの「育」から生まれる
すこやかなからだとこころ
そのための環境づくりを大切にしています。

年間指導目標

3歳児

  • 幼稚園生活に慣れ、友だちと一緒にいる楽しさがわかる。
  • 日常の基本的な生活習慣が身につき、簡単な集団のきまりがわかる。
  • いろいろな遊びを経験し、遊びの楽しさを知る。
  • 勢至丸さまに親しみ、先生と一緒にお参りをする。

4歳児

  • 自分の好きな遊びをみつけ、熱中して遊ぶ。
  • 望ましい生活習慣が身につき、集団のきまりを守りながら友だちと遊ぶ。
  • 身近な環境に興味・関心を持ち、遊びに取り入れようとする。
  • 自分の思いを自由にのびのびと表現する。
  • 勢至丸さまやお釈迦さまのお話や、行事を通して宗教的な雰囲気を味わう。

5歳児

  • 自分なりの目標を持ち、遊びに取り組む。
  • 望ましい生活習慣を身につけ、けじめのある生活をする。
  • 身近な自然や社会の事象に興味・関心を持ち、生活に取り入れ、遊びを発展させる。
  • 友だちと協力して遊ぶ楽しさを知る。
  • 法然上人やお釈迦さまの生涯や、その教えを知り、心静かに参る。

教育課程

3歳児

  物への取り組み 人との関わり
4月
  • 園内のいろいろなものに親しみを持つ。
  • 保育者に親しみをもち、登園することを喜ぶ。
5月
  • 園内の身近な環境に興味をもつ。
  • 保育者に親しみを持ち、一緒に遊ぶことを楽しむ。
6月
  • 自分からいろいろなものに関わり、楽しさに気づく。
7月
  • 保育者と一緒に遊んだり、友だちと一緒に過ごしたりする楽しさに気づく。
8月
9月
  • 友だちと一緒にいたり、遊んだりする楽しさに気づく。
10月
11月
  • 友だちと関わる楽しさを味わう。
12月
1月
  • 自分のやりたいことを見つけて、その場その場で集中して取り組む。
2月
3月

4歳児

  物への取り組み 人との関わり
4月
  • 自分のやりたいことを見つけて、その場その場で集中して取り組む。
  • 保育者や友だちと関わる楽しさを味わう。
5月
  • 友だちと関わる楽しさを味わう。
6月
  • 自分なりのイメージを持って、その場その場で集中して取り組む。
7月
8月
9月
  • 気の合う友だちと関わりあう中で、より友だちに関心を持つ。
10月
  • 自分の好きな友だちと関わり合う中で、自分と違う存在に気付く。
11月
  • 考えたり、発見したり、試したりしながら、自分なりに取り組んでいく面白さを味わう。
12月
1月
  • いろいろな友だちと関わり合う中で、いろいろな人の存在に気付き、一緒に何かをする喜びを味わう。
2月
3月

5歳児

  物への取り組み 人との関わり
4月
  • 考えたり、発見したり、試したりしながら、自分なりに取り組んでいく面白さを味わう。
  • いろいろな友だちと関わり合う中で、いろいろな人の存在に気づき、一緒に何かをする喜びを味わう。
5月
  • 自分のやりたいことを意識して、試したり工夫したりしながら、進んで取り組んでいく満足感を味わう。
6月
7月
8月
9月
  • 自分の考えを出したり話し合ったりしながら、お互いを認め合って生活する充実感を味わう。
10月
11月
  • 友だちとの共通の目的を持ち、試行錯誤しながら、じっくりと持続して取り組んでいく充実感を味わう。
12月
1月
2月
3月

佛教大学附属幼稚園の特色