就職・資格

進路・就職支援について

希望の進路を拓くために 充実したサポート体制

佛教大学では、進路就職課を中心に、全学をあげて進路・就職へのサポートを行っています。
進路就職課では、各種セミナーや就職講座、キャリア教育や能力開発講座の開催など通して、1年生から4年生までの4年間を通して、自分に合った進路を選択するためのサポートを行っています。学年ごとに、また志望進路別に、きめ細やかなスケジュールを設定し、積極的に支援活動を行っています。
また、経験豊富なキャリアアドバイザーが常駐し、個別に就職進路相談に応じるとともに、一人ひとりに応じたアドバイスを行うキャリアアドバイザー制度やWebを利用した情報提供の充実を図るなど、学生が希望した進路を開拓していけるよう支援体制を整備しています。

卒業生は幅広い分野で活躍しています

卒業生の進路は、多岐の分野にわたっています。
学部・学科で4年間学んだ内容を活かしつつ、さまざまな分野で活躍しています。
長年に渡り、優れた人材養成に定評のある教育や福祉の分野はもちろんのこと、企業、公務、医療等の各分野においても素晴らしい人材を養成・輩出しています。

教員免許状・資格取得について

教員免許状や資格取得をめざす学生をきめ細かくサポート!

教員免許状や諸資格を取得する学生が多いことも佛教大学の特徴の一つです。取得者は延べ1,500名以上にものぼります(2015年度卒業生実績)。希望する免許・資格を取得することができるように学生一人ひとりへのサポート体制を整備しています。

先生になる!夢を叶えよう。免許併修制度で取得できる免許状の幅が広がります。

また、教員免許状の取得希望者に対しては、併設している通信教育課程と連携した「免許併修」制度を設けており、例えば、教育学科以外の学生でも小学校の教員免許状の取得が可能です。同様の制度は他大学にもありますが、同一大学内で併修可能であることは最大のメリットです。
取得できる免許状の幅を広げ、「先生になる」とういう将来の目標に向けて頑張る学生を支援しています。

おすすめ情報