お知らせ詳細

第51回全日本書初め大展覧会〈東京都知事賞ならびに日本武道館奨励賞〉受賞

2015年3月19日

第51回全日本書初め大展覧会(主催:財団法人日本武道館、後援:文部科学省、東京都、NHK他)公募の部において、本学の書道部部員である、堀井紫帆さん(中国学科3回生)が〈東京都知事賞〉を文学部書道研究会会員である、丁磊さん(日本文学科3回生)が〈日本武道館奨励賞〉を受賞しました。

毎年、NHKのニュースなどで放送され、正月の風物詩として有名な同展には、国内外から、席書の部、公募の部、合わせて約15,000点が出品されました。そのうち、今回、公募の部の応募点数は8,939点でした。

この度受賞した特別賞〈東京都知事賞〉は、〈内閣総理大臣賞〉、〈日本武道館大賞〉と同じく、全出品者の中で、1名のみが受賞することができる3賞のうちのひとつで、たいへん栄えある賞です。堀井紫帆さんの出品作は、明の王鐸の作品を半切の画仙紙に臨書したものです。また、〈日本武道館奨励賞〉は、上位2%のみが受賞できるものです。丁磊さんの作品は、行書の細字の古典作品を半切の画仙紙に臨書したものです。

なお、授賞式は、2015年2月22日(日曜)に、ホテル・グランドパレス(東京・九段下)にて開催され、同日、日本武道館(東京・皇居北の丸公園内)にて特別賞約300点が展示されました。
第51回全日本書初め大展覧会〈東京都知事賞ならびに日本武道館奨励賞〉受賞
第51回全日本書初め大展覧会〈東京都知事賞ならびに日本武道館奨励賞〉受賞

文学部