お知らせ詳細

社会福祉学部主催「原爆展」を開催

2019年7月16日

7月2日(火曜)から4日(木曜)まで、本学紫野キャンパスにて社会福祉学部主催の「原爆展 No War Know War~過去から現代の平和を考える」を開催しました。
同展は平和について考える機会として被爆60年目の2005年から開催しています。
3日(水曜)は、2人の被爆者、京都原水爆被災者懇談会世話人代表の花垣ルミさんと芦屋市原爆被害者の会会長の千葉孝子さんをお招きしました。学生(約300人)は二組に分かれてお二人の被爆体験を聞きました。
また、開催期間中、被爆の実情を伝える写真、核兵器禁止条約についての解説文などパネル展示も行いました。

社会福祉学部主催「原爆展」を開催
社会福祉学部主催「原爆展」を開催

社会福祉学部