お知らせ詳細

第78回 還愚の会 醍醐寺・隨心院・法界寺へ

2019年4月8日

第78回目の還愚の会は、バスで京都の山科、伏見へ参ります。
参拝する寺院は、醍醐寺、隨心院、法界寺の3ヶ寺です。
醍醐寺は真言宗醍醐派総本山で、本尊は薬師如来。200万坪におよぶ広大な境内地には、中心である金堂や五重塔をはじめ、多数の国宝や重要文化財があり、平成6(1994)年には「古都京都の文化財」として世界文化遺産に登録されました。
隨心院は真言宗善通寺派の大本山。平安時代の「絶世の美女」といわれた小野小町が晩年過ごした地としても有名です。小野小町の一生を中心に平安時代の日本を描いた「極彩色梅匂小町絵図」という襖絵は、色鮮やかでインスタ映え間違いなし!?
法界寺は浄土真宗の開祖・親鸞聖人の誕生地といわれています。本尊の薬師如来は重要文化財で、安産、授乳、子授等のご利益があり、特に女性からの信仰を集めています。阿弥陀堂に安置されている丈六の阿弥陀如来は国宝で、周りには重要文化財で絵画史上貴重な天女の壁画が描かれ、現世の極楽浄土の世界を表しています。

【開 催 日】  5月12日(日)《雨天決行》※雨具を持参してください。
【集合時間】  午前9時 礼拝堂
       午前9時15分 二条キャンパス
       ※集合場所までの往復交通費は、自己負担でお願いします。
【解  散】 午後5時頃 二条キャンパス・礼拝堂
       ※道路事情により前後する場合があります。
【募集人数】  30名(先着順・定員になり次第、締め切ります)
【対  象】  本学通学生・通信生、教職員
【参 加 費】  1,000円(拝観料・昼食代として)
       ※締切日以降にキャンセルされた場合、参加費の返金はできません。
【締    切】  4月29日(祝・月)まで
【留意事項】  ※ 動きやすい服装でご参加ください。(ズボン・スニーカー・リュックサックなど)
      ※「申込書」に記入の上、参加費を添えてお申込み下さい。

《申込・問合せ先》宗教教育センター(礼拝堂内)

(ご案内・申込書)