お知らせ詳細

佛教大学FAST 防災訓練イベント参加報告

2019年3月11日

3月1日(金曜)、同志社大学で実施された防災訓練イベントに佛教大学FASTの学生4名が参加しました。
視覚障害や外国人観光客など、配慮を必要とする方への啓発や大学生に向けたイベントであることを京都市消防職員が紹介し、実施された避難訓練や手話講座に本学学生も参加しました。本イベントには、消防防災サークル京都学生FASTの各大学のメンバーが参加しており、本学学生も佛教大学FASTの活動の一環として参加しました。

「佛教大学FAST(Fire and Safety Team 通称FAST)」とは 地域の防災の担い手である消防団の若手団員が不足するなか、将来の地域防災人材として大学生を育成することを目的に、京都府防災消防企画課の協力のもと、社会連携センタープロジェクトとして活動を行う学生による消防防災サークル。本学紫野キャンパス(京都市北区)がある自治会「楽只学区」の消防団である「楽只消防分団」との防火・防災パトロールや災害ボランティアセンター運営訓練への参加など、様々な活動を行う。
佛教大学FAST 防災訓練イベント参加報告
佛教大学FAST 防災訓練イベント参加報告

研究推進部社会連携課