お知らせ詳細

次期学長に田中典彦現学長を再任

2018年10月3日

田中典彦佛教大学長の任期満了(2019年3月31日)に伴う次期学長選挙を本日実施し、田中典彦現学長の再任が決定いたしました。任期は、2019年4月1日から2021年3月31日となります。

なお、略歴は以下のとおりです。

○氏  名:田中 典彦(たなか のりひこ)1944年4月24日生 74歳
○学  位:修士(文学)
○専門分野:インド哲学、原始仏教思想、仏教と自然
○経  歴:佛教大学大学院文学研究科博士課程(仏教学専攻)満期退学
○職  歴:1976年4月~1982年3月 文学部専任講師
      1982年4月~1994年3月 文学部助教授
      1994年4月~2015年3月   文学部教授(現 仏教学部教授)
      2002年4月~2005年3月 四条センター所長
      2005年4月~2007年3月 総合研究所長
      2007年4月~2009年3月 副学長
      2015年4月~現在    佛教大学長
      2018年3月~現在    学校法人佛教教育学園長(初代)
      2018年4月~現在    佛教大学附属幼稚園長
○学  会:日本印度学仏教学会、日本仏教学会
○論  文:
■Padārtha dharmasaṁgraha of Praśastapāda vol.1;Dravyaprakaraṇa
   [Part1;Variant Readings of the Manuscripts(1)]
■「存在と行為―業の意味とその問題点―」
(大学院紀要編集委員会編刊, 『佛教大学大学院研究紀要』3号)
■「Paralokaisana ;人間存在・生と死」
(日本佛教学会西部事務所『日本仏教学会年報』)
■「『今昔物語集』天竺部に関する一考察‐「十方七歩」と「誕生偈」‐」

企画部広報課