お知らせ詳細

平成29年度「学まちコラボ事業」に本学から2件採択

2017年7月6日

大学コンソーシアム京都と京都市との協働による「学まちコラボ事業」に本学学生による事業2つが採択されました。「学まちコラボ事業」は、大学・短期大学や地域の団体から、大学と地域が一体となったまちづくりや地域の活性化を目的とする事業を募集し、選定のうえ助成が受けられるものです。

その認定式が、7月6日(木曜)京都市役所で行われ、門川京都市長より代表学生へ認定証が手渡されました。参加した学生たちは今後の活動への決意を表明しました。

【採択事業】
○高雄活性化プロジェクト
団体名:佛教大学 京都・高雄活性化プロジェクト
〈概要〉
高雄は紅葉で有名な観光地ですが、年々観光客が減少してきています。高雄保勝会とプロジェクトメンバーの意見交換の結果、もみじのライトアップ時期に合わせた企画提案、若い女性や外国人観光客をターゲットとした取組みの検討、BBQ で汚された清滝川を取り戻したいとの要望が出されました。この課題に対して、手作り風鈴制作、清滝川のゴミ拾い、高雄ゆるキャラの提案、北山杉を利用した手づくり体験、巨大走馬灯のリニューアル制作などを実施します。

○子ども科学教室
団体名:わくわく研究室
〈概要〉
安心して暮らせるコミュニティづくりとして、子ども科学教室を行うことで、学生ボランティアとの協働まちづくりを行います。 京都市上京区の北野商店街エリアにて、平田ゼミの学生が月1・2 回のペースで、子ども向け科学実験教室を実施します。子どもたちの居場所となるように小学校や中学校が終わった平日の放課後の時間帯に開催し、科学の実験を身近に学校外でも体験することができます。


平成29年度「学まちコラボ事業」に本学から2件採択
平成29年度「学まちコラボ事業」に本学から2件採択
平成29年度「学まちコラボ事業」に本学から2件採択
平成29年度「学まちコラボ事業」に本学から2件採択

研究推進部社会連携課