お知らせ詳細

保健師の資格取得をめざす看護学科3回生が住民への健康教育を実施

2016年7月13日

看護学科3回生で保健師の資格取得をめざす学生たちが、公衆衛生看護方法論Ⅱの演習の一環として、近隣の住民のみなさんへの健康教育を実施しました。
 
学生たちは、3つのグループに分かれ、それぞれ「長引く咳はイエローカード~結核は過去の病気ではありません~」「認知症を予防しよう~日常でできること~」「今日から始める転倒予防~転ばぬ先のデュアルタスク~」のテーマで健康教育に取り組みました。

これまで学んだ看護や医学の知識をもとに、一方的に知識を伝えるだけでなく、住民参加型の学習を行い、生活での工夫や気をつけたいこと等を伝えました
寸劇やゲームも取り入れながら、楽しく行い、参加した住民のみなさんからは、「工夫されていて楽しく、勉強できた」「帰ってから友達に伝える」等との感想をいただきました。

保健師の資格取得をめざす看護学科3回生が住民への健康教育を実施
保健師の資格取得をめざす看護学科3回生が住民への健康教育を実施
保健師の資格取得をめざす看護学科3回生が住民への健康教育を実施
保健師の資格取得をめざす看護学科3回生が住民への健康教育を実施

保健医療技術学部看護学科